タイトルリスト
HTドルパ京都14(2017/04/19 21:55:10)
スタッドレスタイヤ購入(2016/12/29 15:53:50)
ドルパ36でのお買い物(2017/01/04 23:48:32)
CACTUS V6の手持ち無線リモコン化(2016/12/08 15:42:14)
憧れのレンズ、買っちゃいました(2016/12/29 19:38:03)
ドルミス(2016/11/01 10:03:06)
珠狐のアイ変更(2016/12/29 16:41:23)
御狐様のためにネックレスを作成(2016/10/22 23:27:15)
みみしっぽを購入(2016/10/22 22:58:25)
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその2(2016/10/22 23:22:53)
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその1(2016/10/22 23:20:11)
幸せモフモフ空間(2016/10/22 23:06:15)
イドルでお買い物(2016/10/22 23:08:29)
HUAWEY MediaPad T2 7.0 Pro(2016/10/04 17:20:37)
HTドルパ名古屋6(2016/08/09 00:33:57)
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21
 2017/03/12
HTドルパ京都14
ドルパ当日。
Xpass を入手出来なかったが人気寺さんの服を買えればいいなということで出来るだけのことをしようと一般列に早めに並んだ。
結果としてなんとかギリギリ入手出来た上に入手出来ないだろうなと思っていた他の寺さんの服なども全て入手出来てホクホク。

買い物が終わってからは御狐様を迎えに行って卓に立って貰った。

その足で Twitter にて髪飾りを作って頂いた寺さんに品を受け取りに。
実物見てみたらもの凄い出来て正直こちらが恐縮してしまうほど。
待った甲斐が有ったというもの!

人形写真注意。

P3128286.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3128291.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/50sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

これが作って頂いたワンオフの髪飾り。
ワンオフって響き、いいよね…。
全体的にボリュームがあって御狐様が髪飾りに負けてしまいそうだが、御狐様も負けないように良くしていってあげないと!という気にさせてくれる非常に良いものでした。

20170312-P3120018-Edit.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/40sec F2.7 ISO-250, 露出補正:+1.3EV

左から

P3138363.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3138371.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/320sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3138376.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/320sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P3158425.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3158437.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

正しい着せ方でs
P3268748.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268749.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

隙間がたまりません。
P3268763.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268769.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268770.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P3268772.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

裸で着せるほかにもインナーを着せても可愛いし……
P3268801.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3268802.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3268803.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

ジーンズと組み合わせても良い。
C77xFvWVAAAA9NL-orig.jpg :  , sec F ISO-

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/12/25
スタッドレスタイヤ購入
去年は雪が降らなさすぎて買いそびれたが今年こそは!ということでスタッドレスタイヤを購入。
これで念願の雪国に自走できる!

買ったタイヤはダンロップ WINTER MAXX 01。
ブリジストンという選択肢もあったがあっちはアスファルト耐性がかなり低いようなのでダンロップを選択。
ホイールはインチダウンで 14インチのアルミ。
ホイールはインチ数だけじゃなくてオフセットの関係もあるそうなので、今回は冒険せずにセット品を購入。
ちなみにホイール単体でインチダウンを考えるならば 14インチ 165 4.5J +45 になるそうだ。



タイヤ交換は 4本で 2,000円だそうなので自力でやってみることにした。
タイヤ交換の経験は三菱 エテルナ SAVA (E35) 時代にテンパータイヤに交換しただけ。
かすかな知識を補填すべくちょっと調べてみると覚えていた内容で合っていたので早速交換作業。

使った工具は車載ジャッキと車載レンチ。
心配性な人はトルクレンチも用意しておいた方がいいだろう。
今回「馬」は使ってません。
  1. 車を平地に停める。斜めだとジャッキが倒れる危険性有り。
  2. パーキングブレーキをしっかり踏み、Pレンジにぶち込んでおく。
  3. ジャッキアップしていない状態でホイールナットを軽く緩める。全部緩めると脱輪するので「軽く」だ!!!ジャッキアップした状態で強固に固定されたボルトを緩めると間違いなくジャッキを倒して大惨事になるので、まずはタイヤが接地した状態で軽く緩める程度にとどめておく。がたつかない程度に緩めよう。
  4. ジャッキアップポイント (床下を見ると両サイドに U 字のいかにも「ここにジャッキはめ込んでください!」という金具がある) にジャッキのスリットがはまりこむようにしてジャッキアップ。余り高く上げなくてもいいです。タイヤから地面が 1cm くらい空けばタイヤは外れるので。
    DSC_0177.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-500, 露出補正:0EV
  5. ここでナットを完全に外してタイヤを外したら即ジャッキの横に寝かせてフロアの下に挟んでおく。これで不意にジャッキが外れても車軸が地面にヒットすることはない。馬が不要なのは外し>たタイヤで代用するため。
    ※写真はタイヤ交換後。
    DSC_0172.JPG : KYOCERA KYV35, 1/100sec F2.2 ISO-125, 露出補正:+1EV
  6. 新しいタイヤセットをはめ込んでホイールナットを仮止め。余りにも緩いとジャッキダウンした時にねじ山を痛めそうなので工具でちょっと「キュッ」とやる程度にとどめておく。
  7. フロア下に滑り込ませたタイヤを抜いてジャッキダウン。ジャッキは外しておこう。
  8. ジャッキダウンしたら本締め。本締めは対角線状に徐々に締めていくこと。トルクレンチを持っているなら取扱説明書 7-15 にトルクが記載されている。無い場合は…ねじ山を潰さない程度に。
    DSC_0178.JPG : KYOCERA KYV35, 1/100sec F2.2 ISO-80, 露出補正:0EV
あとは近所を軽く廻ってもう一度増し締めしておわり。



夏タイヤは駆動輪が終わってたw

DSC_0166.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-250, 露出補正:+1EV DSC_0167.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-125, 露出補正:+1EV

最終:2016/12/29 15:53:50 カテゴリ:
タグ:ハスラー 買物
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/12/20
ドルパ36でのお買い物
ドルパ36で寺回りをした時の買い物とかの記録。

人形写真注意。

Dolls 日和さんのニット服。ファー付きニットコートは開場受注で後日発送だったので別写真。
PC200015.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F4.0 ISO-800, 露出補正:+0.3EV PC244249.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS 35-100mm Lens, 1/160sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

HDPさんとこのDDS用白タイツ。
MDD用白タイツはまたしても売り切れ。orz
PC200016.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F4.0 ISO-800, 露出補正:+0.3EV

きこんちL/Rさんのニットタイツ。
ハート柄やハートアーガイル柄でカワイイデザインでした!
菱形アーガイル柄が売り切れだったのが悔やまれる。
PC200017.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F4.0 ISO-800, 露出補正:+0.3EV

POGEEさんの編み目ニーソ。
PC200018.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/15sec F4.0 ISO-1000, 露出補正:+0.3EV

SYTworks Y-projectさんのオーバーニー各種。
PC200019.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F4.0 ISO-800, 露出補正:-0.3EV


  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/12/04
CACTUS V6の手持ち無線リモコン化
ちょっとやりたいことがあったので Harvest One 社の CACTUS V6II を買ってみた。

やりたかったことというのは「V6 を光量・照射角を変更するだけの手持ちリモコン化とその検証」。
CACTUS V6 で CACTUS RF60 の光量変更 (発光量の指定。人間が行う) のみを行い、RF60 の調光 (実際のストロボ光量の制御。機械が行う) 制御は CACTUS V6II に任せるというもの。
この手法は、始めに構図をきちんと決めてピント合わせをしておけば、あとはカメラの WiFi コントロールと組み合わせると完全にその場から動かずにストロボの光量変更とカメラの露出制御が行える利点がある。

どういう環境かというと
  • 被写体とカメラが比較的離れている、もしくは距離的には近いが (迂回する必要があるため) カメラにたどり着くまでの道のりが長い。
  • ストロボの位置が離れている、もしくはストロボに近寄ることが出来ない。
  • その場から動けない。
という条件が重なったときに効果を発揮する。

例えばこのシーン。

模式図

これはカメラの位置は数 m 以内にあるのだが、目の前は堀になっているため迂回するのに 15m ほど歩かなければならない。
ストロボは背中の方向 5m くらい先にあるが、光量変更のために立ってしゃがんでを繰り返していると膝が死ぬ。
しかも被写体に太陽光の直射が当たらないようにするため被写体の近くに居る必要があり、ストロボの近くに居座るわけにも行かない。
……という状況の場合、その場で (つまりこのシーンではしゃがんだまま) ストロボの光量変更が出来れば、あとはカメラのコントロールに関しては WiFi コントロールで制御可能なので効率が劇的に上がるというわけ。

目下問題は
  1. V6II は HSS 対応だが V6 から RF60 に光量変更の信号を投げたときに RF60 の HSS がどういう扱いになるか、つまり「HSS 未対応の V6 から光量変更の信号を受け取ったから HSS は使えない」と RF60 が誤認?する可能性が有る。最悪の場合、この手法で HSS が使えない。
  2. V6 で光量変更後、カメラに乗せた V6II がカメラのシャッター連動で発光信号を送る際に V6II が現在保持している発光量を元に RF60 を調光しないかどうか (V6 で光量変更を行うと V6II そのものの光量値は変わらず RF60 の光量値が変わる、のはあたりまえ)。
2 に関しては RF60 側で光量変更をすると V6 の光量値を無視してストロボ側で指定した光量値で調光するので問題ないと踏んでいた。
# つまりシャッター及びテストボタンによる発光指示は純粋に発光指示のみを行い、発光量は事前に子機に送信済みの光量値で発光 (調光) する。

問題は 1 で、V6 が飛ばした光量変更の指示が単に光量変更の指示のみであれば問題ない。
しかし他の設定やペアリング中の親機の情報まで飛ばしているとなるとどういう動きになるか全く予想が付かない。
最悪の場合は RF60 が「V6 から指示が飛んできたから親機は V6!HSS 使えないね!」と認識すると、HSS の使える V6II を買った意味がなくなる。
しかし、RF60 で照射角 (ストロボズーム値)を変更してから V6 で光量変更しても親機が保持している照射角は送信されない (V6 で照射角変更モードにチェンジしたときに初めて RF60 の照射角が変わる) から淡い期待は持っていた。

実際に試すと、V6 で照射角や光量変更を行った後にシャッター連動でオンカメラの V6II でストロボを発光させてみると、(V6II の光量値や照射角を無視して) V6 で指定した光量値や照射角で、しかも HSS で発光 (調光) してくれた。
どうやら送信される項目は発光指示も含めて全て項目ごとに独立して送信されるため、特定の項目を変更しても他の設定値は影響を受けない。
また、発光時の調光などの設定値は送信側の設定値に関係なく、受信側で最後に受信もしくは変更した値で発光されるようだ。

というわけで、V6 を光量変更と照射角変更のリモコンとして使うことが出来る。


  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/11/30
憧れのレンズ、買っちゃいました
こりゃ重いわ。

人形写真注意。

75mm (135版換算 150mm) 絞り開放で撮影。
PB308935.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS 35-100mm Lens, 1/10sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV PB308945.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS 35-100mm Lens, 1/13sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

50mm (135版換算 100mm) 絞り開放で撮影。
PB308917.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS 35-100mm Lens, 1/10sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

適当に撮っただけでもボケの綺麗さがわかるとか凄いなこれ。

というわけで。

OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 35-100mm F2
PB302754.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/40sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV PB302755.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/40sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

PB302751.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/60sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

買ってしまった。
発売が 2005年10月だから 11年越しの夢叶う、か。
重量 1650g と Canon EF70-200mm F2.8L IS USM II よりも 200g 重い弩弓レンズだが、これで言い訳は出来なくなった。
これを撮影の時に持ち歩くのは体力的に心配なので撮影シーンに応じて使い分けよう。

フジヤカメラで中古ランク AB の 9.8万だったが、マウント面はもの凄く綺麗だったもののフードにそこそこの使用感があり若干緩い。
# ただし製品上の個体差のようで新品から緩い物も有るらしいから外れ品か?w
鏡筒はよく見るとかすり傷が 2、3本あるものの総じてもの凄く綺麗。
ただし前玉を拭くとカタカタとがたつくのでこれは CS でチェックして貰う必要があるかも。

フジヤカメラの中古レンズはレンズキャップ・フード・本体以外は原則として付属しないのがその安さの理由なのか?
中古通販ではめずらしく写真の掲載が一切無い (簡単な文字説明のみ) ので買うのは勇気が必要だったが、このランクでこの状態なら AB は十分購入の範囲内だ。



フォーサーズの重量級レンズと MMF-1/2/3 を使うと三脚座を使わないタイプのレンズで三脚を使うと光軸がずれて画質が低下するという噂がかなり有る。
大ズミを使っていたもののあまり気にしていなかったが、そのことを思い出したのでチェックしてみると確かに光軸がずれる、というかどうも MMF-1/2/3 とボディの接合面の面圧が足りなくてがたつく。
マウント面の面圧はマウントプレート裏に有るバネの力でレンズをマウントに押しつけているわけだが、マイクロフォーサーズのボディ側マント面のバネはそもそも m4/3 クラスのレンズを支えられるだけのバネ圧にしかなっていないようで、1kg クラスのレンズを押しつけられるほどのバネ圧にはなっていないようだ。
# なんか日本語的にややこしい記載だなこの 1行。(笑)
そのため 35-100/F2 は例外としても 14-35/F2 までもを支えることが出来ず結果として光軸が歪むことになるようだ。
大ズミは幸いにも 510g 程度なので恐らく大丈夫かとは思うが、念のためチェックしておいた方が良さそうだ。

対岸の火事と思っていたけど重量級のレンズを使うならば気にした方が良さそうである。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/23
ドルミス
靴下が欲しかったのでドルミスへ行ってきた!
……が、なんと靴下屋さん今回は全てお休み。
1週間前のイドルで出たから今回は無し、ということか…。orz

教訓:寺リストは確認しましょう

しかたがないので会場内をぶらぶらしていたら秋物に良さそうな肩出しニットとスカートのセット品が安かったのでつい購入。
その対岸でショールが売っていたのでこちらも購入。

予定外の出費だ。orz

人形写真注意。

ショール:遥のお針子部屋 さん
肩出しニット+スカート:le petit 〜 さん

PA318799.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV PA318800.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV PB018803.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

ショールはSD17用と聞いていたがDDに羽織らせてみたら結構オーバーサイズ!
びっくりするほど大きかったけどまぁこれくらいならいいかな。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
珠狐のアイ変更
ずっと気になっていた珠ちゃんのアイを変更。
これでほぼ完成かな〜。

人形写真注意。

PA230105.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

使用したのはボークス アニメティックアイズ F型 22mm。
濃い目で黄色寄りのアイを探していたがなんでこれを初めから使用しなかったのかわからないほどぴったり。
赤っぽいのはちと残念だがほぼ概ねイメージ通り。
# これでも「あんず色」ってんだから色決めた担当者は眼科行けってレベル。
個人的には黄色よりも黄土色くらいのちょっと濃い色が好み。

ディーラー製のレジンアイは時々見て回るがこれといったものが無いのよね。
というかちまたでは大人気の寺製アイも自分にとっては全く興味がないので好みのベクトルが完全に違うというか世間一般と違う?みたいな。
普通に見せに行って買える普通のアイで済むならそっちの方が気が楽だからある意味「得」か?

とうわけでこれに似たデザインで黄土色というか黄色の濃い色を見つけたらまた変更しよう。
それまではこれで確定。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/22
御狐様のためにネックレスを作成
胸元がちょっと寂しそうだったのでネックレスを作ってみた。

人形写真注意。

スワロフスキーを色々組み合わせてみただけ。

PA220054.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F5.6 ISO-800, 露出補正:0EV

PA220074.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

PA220083.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

それにしても御狐様のおっぱいはほんとけしからたまらん。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
みみしっぽを購入
Twitterのフォロワーさんが作っているケモミミと尻尾が気になったのでちょっと買ってみることにした。

人形写真注意。

耳は頭の横にちょっとオフセットして磁石で取り付けるタイプ。
尻尾はなんとちゃんと立ち上がる!
どうも立体裁断で立ち上がるように作られているので重力に負けずに上を向くことが可能。
耳の位置も納得できる位置に固定出来たので良い買い物でした。

PA139597.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV PA139598.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV PA139599.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV

PA139603.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-320, 露出補正:0EV PA139607.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/18
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその2
イドルマルシェで買ってきた人間用のイヤリングをうちの子に流用すべくいろいろやってみた、その2。

人形写真注意。

これは御狐様用。
「タッセル」という名称の赤い総 (ふさ) のあるイヤリング。
人間用ではあるが長さ的に長すぎるほどでもないかな、というわけでピアスの針金をドールの耳の形に沿うように曲げ直し、耳の付け根の上側に穴を開けてそこに直角より鋭角に曲げた針金の先を差し込んで固定。
これだけで結構固定力があったが、念には念をというわけで耳の裏でマスキングテープにより固定した。
ネオジム磁石で吸着固定させてもよかったが外すことはまず無いだろうという判断でほぼ完全固定処置。

PA189997.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

PA180008.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

おっぱいがけしからたまらんですねハァハァ…ウッ

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその1
イドルマルシェで買ってきた人間用のイヤリングをうちの子に流用すべくいろいろやってみた、その1。

人形写真注意。

PA180026.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

まずは蝶のモチーフのイヤリング。
こちらはなんの問題無いのでピアスの針金を巻いて耳の裏に貼り付けたネオジム磁石と表からもネオジム磁石を使って吸着。
しかし流石に人間用、長さが長すぎた。

PA180047.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

蝶の下にぶら下がってるビーズさえどうにか出来れば長さ的に問題はないかな〜?ということで、ここで 2案。
  1. ビーズを蝶のモチーフと同じ場所にぶら下げる
  2. ビーズをペンダントトップとして分離、ネックレスにする
どちらにしろ制作者の意図と世界観、意匠を壊すことになるが致し方無し、か。


次に月のモチーフのイヤリング。
こちらはイヤリングにするには大きすぎるのでウエストチェーンベルト型に変更、というか御狐様のケモ耳イヤリングに使わなければそうしようと当初から考えていた。
チェーンについてはビーズを少し挟もうかなと検討中。

PA180029.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV



今回はモデルにささら2を起用したが、デフォアイの色とビーズの色が超絶マッチしてもの凄く綺麗。
もうちょっと華やかにしてあげたいなという気も起きようというもの。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/17
幸せモフモフ空間
先日買ってきた服を早速梅蕾と菫霞に着せてあげた。

人形写真注意。

PA189961.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

PA189964.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV PA189965.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

PA189988.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV PA189990.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

PA189994.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

ヤバイ。
幸せモフモフ空間だ。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/16
イドルでお買い物
今日はイドル I・Doll の日なので入場時間をちょっと過ぎてから行ってみた。
目当ての MDD/MSD 用服は片方がギリ 1着残っていたので迷わず確保。
もう片方は 2種類の柄から選べる状態だったので片方を確保。
これで梅蕾と菫霞の服は買えた。

あとは御狐様用にアクセサリーを探していたが、ドール用の方ではアクセサリー系がかなり少なかったのでドルパ頼みか…。
しかたがないので一緒に開催していたマルシェで人間用を物色。
イヤリングを 2種類買って帰った。
  • vert
    赤総 (ふさ) --- "タッセル" というらしい --- のイヤリング。赤が基調の御狐様には丁度いい色とデザイン。
    房のデザインで和風をイメージして購入。
  • CHROMA7
    月と蝶の金属+イミテーションのイヤリング。
    ちょっと光り物を入れたかったので。
    赤が欲しかったが赤系はピンクまでしか無くピンクはかなり淡かったので瞳の色に合わせて青を選択。
  • Reine de Beaute
    秋物探してました。
    両方ともカワイイデザイン。
    サロペットは菫霞、ジャンバースカートは梅蕾用。
家に帰ったら早速御狐様にイヤリングをどう付けるか頭をかかえたが、最終的には耳の上の方に穴を開け、ピアス用の針金を曲げ直してその穴に引っかける形でぶら下げた。
# DDH ヘッドなので穴を開けることに関しては気負いはなかった。開けない方がベターではあるけど。
一応自然落下しないように曲げ具合は調整したが、万が一を考えて耳の裏でマスキングテープで固定。
人間耳は見えると興醒めしてしまうが、ウィッグサイドで耳が隠れる上にイヤリングがそこから見えるので丁度いい具合に。

月と蝶のイヤリングは赤系が赤系が欲しかったが無かったのでそれならと青を選択。
結果的にはウィッグにぶら下げるならウィッグの色とほぼ補色の関係になり目立つので結果良しだったが、月を頭に付けるとちと装飾過多に思えるので月はピアスの針金を鎖に変更して腰にぶら下げてみようかと検討中。
蝶のイヤリングは針金を目立たないように曲げた上でそのまま (磁石が着いている) 狐耳にぶら下げてもいいかも。

今回のイベントはそこそこ満足のいく結果でした。

20161016-PA160129.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/40sec F6.3 ISO-800, 露出補正:+1EV

服についてはこちら。
幸せモフモフ空間

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/08/07
HTドルパ名古屋6
購入メモ。

CpRMd6VUEAEd18Y-orig.jpg :  , sec F ISO-

「ねこまっしぐら」さんのレディオフショルワンピース、リゾートマキシワンピ、ブラックデニム風パレオビキニ。
「ボークス」の細持ち手、シノワズリMDD用。
某靴屋さんのローヒールサンダル。


  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/08/06
HUAWEY MediaPad T2 7.0 Pro
Google Nexus7 (2012) が本格的に動かなくなってきたので緊急対応で 7インチタブレットを購入。
以前から気になっていた HUAWEY MediaPad T2 7.0 Pro を買おうと思ったが入荷待ちで予約していたのが届いたので早速。

使い勝手は上々でこれと言った不具合は無い。
重量は Nexus7 (2012) よりも軽くバッテリーも長持ちするので実質的な Nexus7 後継機として使って問題無いレベルだねこれは。
SIM フリー機なので 0SIM つっこんでみたが、APN 設定をすれば普通に通信できるので回線的な問題も無し。
カメラの性能も悪くは無い (今まで使っていたスマフォのカメラが悪すぎた) ので今後はこいつが主力になりそう。
Nexus7 後継機に悩んでる人はマジお勧めですよこれ。


最終:2016/10/04 17:20:37 カテゴリ:デジタルガジェット
タグ:買物
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21
QRコード
携帯サイト試験運用
http://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • SMDV SPEEDBOX-60 (コメットストロボ扱い)
  • cactus V6II
    まさか2個も買うとはね…フフ怖
  • ZD 35-100/F2
  • cactus RF60 (3本目)
  • ZD 50mm Macro
  • TG-TRACKER
  • ニンバス チヌーク
  • M.ZD ED 7-14mm F2.8
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト