タイトルリスト
 2017/03/12
HTドルパ京都14
ドルパ当日。
Xpass を入手出来なかったが人気寺さんの服を買えればいいなということで出来るだけのことをしようと一般列に早めに並んだ。
結果としてなんとかギリギリ入手出来た上に入手出来ないだろうなと思っていた他の寺さんの服なども全て入手出来てホクホク。

買い物が終わってからは御狐様を迎えに行って卓に立って貰った。

その足で Twitter にて髪飾りを作って頂いた寺さんに品を受け取りに。
実物見てみたらもの凄い出来て正直こちらが恐縮してしまうほど。
待った甲斐が有ったというもの!

人形写真注意。

P3128286.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3128291.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/50sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

これが作って頂いたワンオフの髪飾り。
ワンオフって響き、いいよね…。
全体的にボリュームがあって御狐様が髪飾りに負けてしまいそうだが、御狐様も負けないように良くしていってあげないと!という気にさせてくれる非常に良いものでした。

20170312-P3120018-Edit.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/40sec F2.7 ISO-250, 露出補正:+1.3EV

左から

P3138363.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3138371.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/320sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3138376.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/320sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P3158425.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3158437.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

正しい着せ方でs
P3268748.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268749.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

隙間がたまりません。
P3268763.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268769.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3268770.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P3268772.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

裸で着せるほかにもインナーを着せても可愛いし……
P3268801.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3268802.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV P3268803.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

ジーンズと組み合わせても良い。
C77xFvWVAAAA9NL-orig.jpg :  , sec F ISO-

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2017/03/11
HTドルパ京都前日
明日はHTドルパ京都!というわけで御狐様を連れて行くため準備。

人形写真注意。

P3118244.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/8sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3118246.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/8sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P3118249.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/10sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P3118252.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/10sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

御狐様いいね!と思っていた矢先に悲劇が。

C6jcxNtU8AEEuJ5-origs.jpg :  , sec F ISO-

まさかの肘崩壊。

しかたがないので

20170310-P3100001.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/125sec F2.3 ISO-100, 露出補正:0EV

自力修理。
痩せてスが入ってたからそこはティッシュを詰めて似非 FRP で結合処置。

20170310-P3100002.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/40sec F4.7 ISO-800, 露出補正:+0.7EV

直りました。
強度はたぶん問題無いと思う。

他にはふと思い立って日本結びの髪飾りを作成。

20170311-P3110006.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F3.8 ISO-800, 露出補正:+0.7EV

こちらは「お守り結び」。

20170311-P3110010.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F3.5 ISO-500, 露出補正:+0.3EV

出来ました。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/31
アキラ2お着替え
週末の撮影旅行に向けてアキラ2を着替えさせた。


人形写真注意。

PA318798.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV PB018803.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F1.8 ISO-200, 露出補正:0EV

ついでにイヤリングも。

PB018809.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.25mm F1.8, 1/250sec F3.5 ISO-800, 露出補正:0EV PB018812.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.75mm F1.8, 1/250sec F4.5 ISO-800, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/22
御狐様のためにネックレスを作成
胸元がちょっと寂しそうだったのでネックレスを作ってみた。

人形写真注意。

スワロフスキーを色々組み合わせてみただけ。

PA220054.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F5.6 ISO-800, 露出補正:0EV

PA220074.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

PA220083.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

それにしても御狐様のおっぱいはほんとけしからたまらん。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
みみしっぽを購入
Twitterのフォロワーさんが作っているケモミミと尻尾が気になったのでちょっと買ってみることにした。

人形写真注意。

耳は頭の横にちょっとオフセットして磁石で取り付けるタイプ。
尻尾はなんとちゃんと立ち上がる!
どうも立体裁断で立ち上がるように作られているので重力に負けずに上を向くことが可能。
耳の位置も納得できる位置に固定出来たので良い買い物でした。

PA139597.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV PA139598.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV PA139599.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV

PA139603.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-320, 露出補正:0EV PA139607.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-250, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/18
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその2
イドルマルシェで買ってきた人間用のイヤリングをうちの子に流用すべくいろいろやってみた、その2。

人形写真注意。

これは御狐様用。
「タッセル」という名称の赤い総 (ふさ) のあるイヤリング。
人間用ではあるが長さ的に長すぎるほどでもないかな、というわけでピアスの針金をドールの耳の形に沿うように曲げ直し、耳の付け根の上側に穴を開けてそこに直角より鋭角に曲げた針金の先を差し込んで固定。
これだけで結構固定力があったが、念には念をというわけで耳の裏でマスキングテープにより固定した。
ネオジム磁石で吸着固定させてもよかったが外すことはまず無いだろうという判断でほぼ完全固定処置。

PA189997.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/250sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

PA180008.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

おっぱいがけしからたまらんですねハァハァ…ウッ

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
イドル、じゃなくてマルシェで買ってきたイヤリングその1
イドルマルシェで買ってきた人間用のイヤリングをうちの子に流用すべくいろいろやってみた、その1。

人形写真注意。

PA180026.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

まずは蝶のモチーフのイヤリング。
こちらはなんの問題無いのでピアスの針金を巻いて耳の裏に貼り付けたネオジム磁石と表からもネオジム磁石を使って吸着。
しかし流石に人間用、長さが長すぎた。

PA180047.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

蝶の下にぶら下がってるビーズさえどうにか出来れば長さ的に問題はないかな〜?ということで、ここで 2案。
  1. ビーズを蝶のモチーフと同じ場所にぶら下げる
  2. ビーズをペンダントトップとして分離、ネックレスにする
どちらにしろ制作者の意図と世界観、意匠を壊すことになるが致し方無し、か。


次に月のモチーフのイヤリング。
こちらはイヤリングにするには大きすぎるのでウエストチェーンベルト型に変更、というか御狐様のケモ耳イヤリングに使わなければそうしようと当初から考えていた。
チェーンについてはビーズを少し挟もうかなと検討中。

PA180029.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV



今回はモデルにささら2を起用したが、デフォアイの色とビーズの色が超絶マッチしてもの凄く綺麗。
もうちょっと華やかにしてあげたいなという気も起きようというもの。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/10/16
イドルでお買い物
今日はイドル I・Doll の日なので入場時間をちょっと過ぎてから行ってみた。
目当ての MDD/MSD 用服は片方がギリ 1着残っていたので迷わず確保。
もう片方は 2種類の柄から選べる状態だったので片方を確保。
これで梅蕾と菫霞の服は買えた。

あとは御狐様用にアクセサリーを探していたが、ドール用の方ではアクセサリー系がかなり少なかったのでドルパ頼みか…。
しかたがないので一緒に開催していたマルシェで人間用を物色。
イヤリングを 2種類買って帰った。
  • vert
    赤総 (ふさ) --- "タッセル" というらしい --- のイヤリング。赤が基調の御狐様には丁度いい色とデザイン。
    房のデザインで和風をイメージして購入。
  • CHROMA7
    月と蝶の金属+イミテーションのイヤリング。
    ちょっと光り物を入れたかったので。
    赤が欲しかったが赤系はピンクまでしか無くピンクはかなり淡かったので瞳の色に合わせて青を選択。
  • Reine de Beaute
    秋物探してました。
    両方ともカワイイデザイン。
    サロペットは菫霞、ジャンバースカートは梅蕾用。
家に帰ったら早速御狐様にイヤリングをどう付けるか頭をかかえたが、最終的には耳の上の方に穴を開け、ピアス用の針金を曲げ直してその穴に引っかける形でぶら下げた。
# DDH ヘッドなので穴を開けることに関しては気負いはなかった。開けない方がベターではあるけど。
一応自然落下しないように曲げ具合は調整したが、万が一を考えて耳の裏でマスキングテープで固定。
人間耳は見えると興醒めしてしまうが、ウィッグサイドで耳が隠れる上にイヤリングがそこから見えるので丁度いい具合に。

月と蝶のイヤリングは赤系が赤系が欲しかったが無かったのでそれならと青を選択。
結果的にはウィッグにぶら下げるならウィッグの色とほぼ補色の関係になり目立つので結果良しだったが、月を頭に付けるとちと装飾過多に思えるので月はピアスの針金を鎖に変更して腰にぶら下げてみようかと検討中。
蝶のイヤリングは針金を目立たないように曲げた上でそのまま (磁石が着いている) 狐耳にぶら下げてもいいかも。

今回のイベントはそこそこ満足のいく結果でした。

20161016-PA160129.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/40sec F6.3 ISO-800, 露出補正:+1EV

服についてはこちら。
幸せモフモフ空間

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/08/27
肩が寒そうなのでショール作成
秋口になるとちょっと方を隠してあげないと寒そうだったのでショールを作ってみた。
薄手の布の端を三つ折りしただけ。

人形写真注意。

P8276995.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/125sec F2.0 ISO-200, 露出補正:0EV

P8277009.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/100sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

P8277016.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/125sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

P8277017.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/125sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

P8277018.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/125sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

P8277023.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4, 1/160sec F1.4 ISO-200, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2016/06/09
ドール用アンブレラ(傘)
梅雨時期の撮影のために傘が欲しいなと思って探していたが、なかなか丁度いいサイズが無い。
21cm だと MDD にはちょっと小さいかな?程度だが DD クラスになるともう明らかに小さい。
そこで 30cm くらいのを探しているとツイッターでフォロワーさんが 43cm くらいのを見つけたのでそれを買ってみた。

人形写真注意。

要加工ではあるが、最終的にこうなった。

P6093181.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P6093182.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

若干オーバーサイズだがドールの比率が普通ではないのでこれくらいの大きさの方が似合うと思う。

買ったお店は「マジックショップ マジックファンタジア」。
ここに「Parasol Production -17 Inch」という 900円の傘がそれ。

だがこの傘、手品で使うことを前提にしているのでジャンプ傘のジャンプ機構がごっつい。

P6090005.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F2.6 ISO-400, 露出補正:-1EV

ドールに持たせるとこんな感じでスケール感がおかしい
しかも頭に当たって非常に邪魔

P6090008.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F2.6 ISO-200, 露出補正:0EV

そこでこのジャンプ機構をなんとか除去できないかというのが続き。
# ジャンプ機構を除去すると上の写真のようにすっきりする。

ちなみに手持ちの 21cm 傘だとこんな比率。
参考になれば幸いである。

P6090001.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F3.8 ISO-800, 露出補正:+0.3EV P6090002.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F3.8 ISO-800, 露出補正:+0.3EV



以下加工編。

まずは取っ手を外す。
取っ手はボンドで固定されているだけなので骨を痛めないように慎重に外す。

取っ手を外したらジャンプ機構を外すための下準備。
これは骨の細い方が集中しているパーツの根元。
# 加工後なのでパーツだけになっているが。
よく見ると針金をねじってぐるっと巻いているだけなのでこれを解くとばらばらと崩れ落ちる。

P6090011.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/60sec F2.3 ISO-800, 露出補正:-1EV

除去した軸とバネ。

IMG_20160609_193606.jpg : KYOCERA KYY24, 1/65sec F2.4 ISO-128, 露出補正:0EV

しかしこれを除去しただけだと細い骨が残ってしまうので、今度はそれを真ん中ほどで切断して太い方の骨に格納してしまう。
細い骨は太い骨の中にはまるのでこれをホットボンドなどで固定してやる。

IMG_20160609_194208.jpg : KYOCERA KYY24, 1/65sec F2.4 ISO-128, 露出補正:0EV KIMG0009.jpg : KYOCERA KYY24, 1/70sec F2.4 ISO-100, 露出補正:0EV

しかしジャンプ機構を除去してしまうと傘を開いたままに出来ない。
そこでジャンプ機構が無いミニチュア傘を見ていると「骨に逆テンションをかければいいんじゃね?」と気がついたので早速加工。

ここはスリーブ状になっておりカッターナイフで比較的簡単に切断できる。

P6090005.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F2.6 ISO-400, 露出補正:-1EV

比較的簡単に切断できるとは書いたものの一応厚み 1mm の塩ビっぽい素材なので気をつけて切断しよう。
うっかりカッターナイフの刃を滑らすと流血の大惨事となる
スリーブは長さ 10mm ほど残しておけば丁度逆テンションがかかるようになる。

切断後。

スリーブが元のままだとここまでしか開けられないが・・・

P6090013.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/60sec F2.3 ISO-125, 露出補正:+0.7EV

スリーブを短くすることで骨に逆テンションをかけられるようになったのでこうして開いたままに出来る。

P6090014.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/80sec F2.3 ISO-100, 露出補正:+0.7EV

これで一通りの加工は終わり。
取っ手を忘れずにはめておこう。(笑)

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2014/11/17
フェザークラフト ウィスパーに荷物を積んでみよう
来年は野営カヤッキングをしよう!ということでまず一番気になるのは「ウィスパーの中にテントが入るのか?」ということ。

というわけで外に放りだしてあるザックの中から持ってきましたるはウィスパーの骨、リブフレームの 4番。
これは背中の後ろに設置される骨で、こいつを通過しないとスターンデッキ内に収まらない。

早速くぐらせてみよう。

モンベル ムーンライト 1型
PB090002s.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/20sec F2.7 ISO-800, 露出補正:+0.3EV, GPS=

超余裕。

メーカー不明 ダウンのシュラフ秋用
PB090003s.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/15sec F2.7 ISO-800, 露出補正:+0.3EV, GPS=

こちらも超余裕。

あとはマットだがこちらはエアマットを使おうかと。
というわけで寝る道具は大丈夫っぽい。



おまけ。

離れ小島やプライベートビーチで撮影をするときはボークスのドールバッグに入れて輸送しているが、そのバッグがどうやって入っているのかというと。

ギリギリ入りそう?
PB090007s.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/30sec F2.6 ISO-800, 露出補正:0EV, GPS=

残念!足がつっかえます!
PB090006s.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/50sec F9.0 ISO-800, 露出補正:+2EV, GPS=

この程度であれば少し押しつぶせば入るけどね入った。


  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2013/12/08
撮影台更新
柱が1本足りなかったのをどうにかしたかったが、やっとどうにかした

PC084788.jpg : OLYMPUS E-P5, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/13sec F3.5 ISO-200, 露出補正:0EV

以前は後ろ 2本だけだったが左手前の角にももう 1本立てて壁を作りたかったのでそこに追加。
床は角材で 6mm ほど床上げして段差を回避。

あとはクリスマス仕様にして写真を 1枚だけ。

人形写真注意。

PC084797.jpg : OLYMPUS E-P5, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 2sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

とりあえずこれでいいや。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2013/08/17
SLIK コンパクトIIが届いた
以前からドール用スタンドにと目をつけていてヨドバシに展示品が有るということで見に行ってみたら値段を参考に探してみたが三脚の森から見つけ出せなかったのでアマゾンで博打でぽちっとしてみた。

雲台が交換出来るので自由雲台に変更して付属の 2WAY 雲台は窓から投げ捨てた!

P8171642s.jpg : OLYMPUS E-M5, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ, 1/50sec F6.0 ISO-1600, ストロボ:None, 露出補正:0EV

ブツが今日届いたので早速耐荷重テストやたわみテストをしてみたが特に問題なし。
足を全部伸ばしてみたが SD 程度では余裕。

P8171647s.jpg : OLYMPUS E-M5, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ, 1/10sec F4.6 ISO-1600, ストロボ:None, 露出補正:0EV

高さが足りない場合は最下段を短くして一脚を接続。
高さが 1m あるのでそこまで高さを必要とすることはないだろうが。

P8171643s.jpg : OLYMPUS E-M5, OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ, 1/30sec F4.0 ISO-1600, ストロボ:None, 露出補正:0EV


  • えぴ兄:うちもこの間三脚を新調したです.
    SLIKのフラット 255って,ぺったんこにできるやつ.
    水準器があっちゃこっちゃついてますw
  • G兄:あ〜それめっちゃ気になってたけど重量軽くないからスルーしたのだわ。
    今持ってる三脚と同じ重量だからねぇ・・・。
    ※こうして三脚の林が出来る
  • えぴ兄:私も重さは気になったんだよねー.
    ただ,先行して届いたポラリエ見て迷いが消えました.
    つーかポラリエ,見かけ違いに質量ありすぎw
    並の脚だとぶれぶれです.
  • G兄:ポラリエ用に使うなら結構重いやつでないとだめだね。
    うちはBENRO A2180Tがあったからそれ使ってる。
TrackBack URL:[]
 2013/05/07
CoolCatの肩軸受け・股関節軸受け強化スリーブ
表題の物が届いたので早速使ってみた。

P5026776.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/60sec F2.5 ISO-125, 露出補正:+1.7EV

某の DDS・DD3・DDDy3 系胸骨にある肩軸受けと股関節の軸受けは割れやすいともっぱらの事実。
そこでこの強化スリーブでどうにかならないか?と思ったがいまいちピンとくるレポートが無いので他の買い物をするついでに買ってみた。

まずは期待薄の肩軸受け強化スリーブ。
なぜ「期待薄」かというとこのスリーブ、肩軸受けにはめ込むために完全な○ではなくC型になっている。
これだと強化は出来てもやはり割れるんじゃね?ということで既に割れている肩軸受けにはめてみた。
比較対象は F型サドル改造品。

ノーマル。
既に割れてる。
P5026782.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/60sec F2.8 ISO-100, 露出補正:0EV

C型スリーブ。
割れを完全に抑えることが出来ないし保持力も完全に戻らない。
しかし上下スイングを固定することが出来てしかもはめるだけとお手軽。
P5026783.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/60sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

F型サドル。
割れを完全に抑えることが出来、保持力も完全に回復。
ただし上下スイングを固定出来ない。
P5026785.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/60sec F2.8 ISO-100, 露出補正:0EV

C型スリーブで補強してみたが腕をつっこむと割れ目が見えることから、やはり一度割れた肩軸受けの補修には使えなさそう。
肩軸受けの補強にはなるだろうが割れないようにするためのものではなく割れにくくするためのものと認識した方が良い。
なお、割れた軸受けにスリーブで補強した状態で腕を差し込んで保持力を確認してみたが、ある程度の保持力は復活するが F型サドルで補修した時ほどではない。

次に股関節の軸受け強化スリーブ。
こちらは○型なので期待している、というかこっちの方が補修的には必須というか強化しにくいので期待しちゃう。

写真は無いが割れた股関節軸受けはタイラップ+瞬間接着剤で補修した物ばかりなので割れていない物を使ってみたが、結果としては上々。
まずはめ込むときはサイズがぴったりすぎてパチッとはまる。そして外そうと思ったらなかなか外れない。(笑)
外す理由が無ければ交換するまではめ殺しの状態で使うから外れにくい方が良いのだが、ここまでぴったりなのは正直びっくり。
これほどぴったりだと割れている状態でも問題無く補強・補修できそうだ。

肩軸強化スリーブは F型サドルが手に入らなかったり加工が面倒な人向けの延命パーツといった感じかな。
股関節軸受け強化スリーブは有用なので、肩は F型サドル、股関節は強化スリーブと使い分けした方が良さそう。

ちなみに CoolCat の日本サイトでは片方 (肩か股関節どちらか) で 1,000円ほどするが、英語サイトでは 370円ほどと日本側でボリまくってるので英語サイトで買いましょう。


  • にゃり:レビュー乙股間のほう買ってみようかな
  • G兄:F型サドル加工出来るならぶっちゃけ股間の方だけでいいよ。
TrackBack URL:[]
 2013/03/11
ドルパでお買い物
ドルパの有料卓周辺が狭すぎて写真も撮れなかったので結局寺卓を何周もすることに。
しかしそれはそれで良い物を獲得できたのでそこはそれ。

人形写真注意。

寺名不明
スイーツヘアピン+巨大フランスパンを。

靴下屋PONGEE
色移りしなくてお安い靴下屋さん。
ハイニーソを 2本ほど。

風花堂
出来の良い下着屋さん。
犬姫様用にDD M胸用ブラ+ショーツセットを。
写真は出禁!出禁です!!

しまねこ企画
犬姫様用に白+ピンクのリュックを。
P3176482.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/200sec F2.1 ISO-100, 露出補正:0EV

M*B*F+pb
以前から買おうかどうしようか迷っていた鮫の帽子を。
P3176490.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/200sec F2.1 ISO-100, 露出補正:0EV P3176491.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/200sec F2.1 ISO-100, 露出補正:0EV

ゆりゆり工房
撮影小物でオレンジジュースのグラスなんぞを。
P3176492.jpg : OLYMPUS XZ-2, 1/200sec F2.3 ISO-100, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5
QRコード
携帯サイト試験運用
http://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • SMDV SPEEDBOX-60 (コメットストロボ扱い)
  • cactus V6II
    まさか2個も買うとはね…フフ怖
  • ZD 35-100/F2
  • cactus RF60 (3本目)
  • ZD 50mm Macro
  • TG-TRACKER
  • ニンバス チヌーク
  • M.ZD ED 7-14mm F2.8
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト