2016/02/28
完成:5号さん→御狐様
ここ数日で一気に作業を。
  • メイク仕上げ
  • 狐耳作成
  • アゾン60巫女服の襦袢の丈詰め (オビツ60用なので長い)
  • 袴の洗濯
  • W-143D ウィッグのストレート化
人形写真注意。

まずは巫女服の襦袢の丈詰め。
オビツ60用なので襦袢がもの凄く長い。
にしてはなぜか袴が丁度良いサイズで訳がわからない。

まずは 25mm 短縮。
単に折り込んでるだけです。
端っこをダーっと縫えば終いだがそのままだとぺろんぺろんになるので見頃の縫い合わせに沿って縦に 3本ほど縫った。
縫い場所はこんな感じで。ちゃんと端の縦も縫わないと筒になる。

│ │  │  │ │ └─┴──┴──┴─┘

P2250125.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/80sec F4.2 ISO-640, 露出補正:+0.7EV

しかしちょっと長かった。

P2250126.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/20sec F4.2 ISO-800, 露出補正:+0.7EV

ので更に思い切って 25mm 折り込んで短縮。



次は袴。
箱の外に出して長期間放置していたため埃がすごいので風呂に入るついでに手押し洗い。
そして乾燥。

さて・・・折り目が取れちゃったけどどうしよう?

P2270127.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/10sec F2.9 ISO-1600, 露出補正:+0.7EV

腰の辺りの折り目が基準になるか?と思って頑張ってみたがアイロンかけてるうちに面倒臭くなったのでましろの袴と同じ折り目無しでいいやということに。



W-143D ウィッグのストレート化はお湯パーマを実施。
濡れてもいいスタンドにアルミ棒ぶっさして発泡スチロール球着けてそこにウィッグかぶせてお湯を毛先から緩くかけていくと面白いほどストレートになる。
湯温は温度計がなかったので沸騰したお湯に水を少々足して「指先を浸けても火傷しないけどあっちぃ!程度」にした。たぶん 70〜80度くらい?
耐熱ウィッグかどうかわからなかったので水を出来るだけ熱くしてウィッグの繊維をお湯に浸けてチリチリにならないことも確認した。
ぬるいとストレートにならないのでお湯の温度は出来るだけ熱くしよう。

P2270129.jpg : OLYMPUS TG-3, 1/20sec F3.6 ISO-800, 露出補正:+0.7EV



狐耳は珠狐の耳と同じでケント紙+φ1.2mmの被服付き針金を芯にして 2枚張りだが、磁力で耳を貼り付けるために 100均でネオジム磁石の小さいものを買ってきてフェルトの中に挟み込んだ。



メイクの仕上げ。

残りはリップと照れ線のハイライトだけだったのでそれらを処理して完成。

P2247549.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P2247551.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P2247552.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P2247556.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P2247562.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P2247568.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

P2247529.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV P2247531.jpg : OLYMPUS E-M1, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

な、なんか妙に色っぽい…。



恒例のメイク拡大。

名称未設定 1.jpg :  , sec F ISO-

  - NO COMMENT -
QRコード
携帯サイト試験運用
http://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • SMDV SPEEDBOX-60 (コメットストロボ扱い)
  • cactus V6II
    まさか2個も買うとはね…フフ怖
  • ZD 35-100/F2
  • cactus RF60 (3本目)
  • ZD 50mm Macro
  • TG-TRACKER
  • ニンバス チヌーク
  • M.ZD ED 7-14mm F2.8
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト