2016/12/25
スタッドレスタイヤ購入
去年は雪が降らなさすぎて買いそびれたが今年こそは!ということでスタッドレスタイヤを購入。
これで念願の雪国に自走できる!

買ったタイヤはダンロップ WINTER MAXX 01。
ブリジストンという選択肢もあったがあっちはアスファルト耐性がかなり低いようなのでダンロップを選択。
ホイールはインチダウンで 14インチのアルミ。
ホイールはインチ数だけじゃなくてオフセットの関係もあるそうなので、今回は冒険せずにセット品を購入。
ちなみにホイール単体でインチダウンを考えるならば 14インチ 165 4.5J +45 になるそうだ。



タイヤ交換は 4本で 2,000円だそうなので自力でやってみることにした。
タイヤ交換の経験は三菱 エテルナ SAVA (E35) 時代にテンパータイヤに交換しただけ。
かすかな知識を補填すべくちょっと調べてみると覚えていた内容で合っていたので早速交換作業。

使った工具は車載ジャッキと車載レンチ。
心配性な人はトルクレンチも用意しておいた方がいいだろう。
今回「馬」は使ってません。
  1. 車を平地に停める。斜めだとジャッキが倒れる危険性有り。
  2. パーキングブレーキをしっかり踏み、Pレンジにぶち込んでおく。
  3. ジャッキアップしていない状態でホイールナットを軽く緩める。全部緩めると脱輪するので「軽く」だ!!!ジャッキアップした状態で強固に固定されたボルトを緩めると間違いなくジャッキを倒して大惨事になるので、まずはタイヤが接地した状態で軽く緩める程度にとどめておく。がたつかない程度に緩めよう。
  4. ジャッキアップポイント (床下を見ると両サイドに U 字のいかにも「ここにジャッキはめ込んでください!」という金具がある) にジャッキのスリットがはまりこむようにしてジャッキアップ。余り高く上げなくてもいいです。タイヤから地面が 1cm くらい空けばタイヤは外れるので。
    DSC_0177.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-500, 露出補正:0EV
  5. ここでナットを完全に外してタイヤを外したら即ジャッキの横に寝かせてフロアの下に挟んでおく。これで不意にジャッキが外れても車軸が地面にヒットすることはない。馬が不要なのは外し>たタイヤで代用するため。
    ※写真はタイヤ交換後。
    DSC_0172.JPG : KYOCERA KYV35, 1/100sec F2.2 ISO-125, 露出補正:+1EV
  6. 新しいタイヤセットをはめ込んでホイールナットを仮止め。余りにも緩いとジャッキダウンした時にねじ山を痛めそうなので工具でちょっと「キュッ」とやる程度にとどめておく。
  7. フロア下に滑り込ませたタイヤを抜いてジャッキダウン。ジャッキは外しておこう。
  8. ジャッキダウンしたら本締め。本締めは対角線状に徐々に締めていくこと。トルクレンチを持っているなら取扱説明書 7-15 にトルクが記載されている。無い場合は…ねじ山を潰さない程度に。
    DSC_0178.JPG : KYOCERA KYV35, 1/100sec F2.2 ISO-80, 露出補正:0EV
あとは近所を軽く廻ってもう一度増し締めしておわり。



夏タイヤは駆動輪が終わってたw

DSC_0166.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-250, 露出補正:+1EV DSC_0167.JPG : KYOCERA KYV35, 1/33sec F2.2 ISO-125, 露出補正:+1EV
最終:2016/12/29 15:53:50 カテゴリ:
タグ:ハスラー 買物
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:
 2016/12/20
ドルパ36でのお買い物
ドルパ36で寺回りをした時の買い物とかの記録。

人形写真注意。

続きはこちら。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:
 2016/12/19
ドルパにGo!
今回はドルパは行かないつもりだったが、暇だったし下道チャレンジもしてみたかったので往復下道の1泊2日ドライブついでで行ってきた。

人形写真注意。

続きはこちら。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:
 2016/12/07
Feathercraft廃業
Feathercraft 社が正式に廃業を宣言したようだ。
要約すると「あらゆる要因が重なったので業務を終了する」ということだそうだ。

フェザークラフトを知ったのは確かフジタカヌー アルピナ 430EXを買ってからだった覚えがある。
そしてその 2ヶ月後くらいに購入し、乗り始めたのは 8月から。

2015年度は写真に専念していたためほとんど乗らなかったが、買った当初は比較的あちこちに漕ぎに出てその操作性の良さを実感していた。
お値段は目玉飛び出るほどお高かったが、後悔することはなかったどころかむしろ買って良かったと思っている。
そして、今にして思えばあのときに決断していなければこの艇に乗ることも出来なかったんだろうなぁということも。

Feathercraft 社が無くなってしまうのは寂しいが、かといってこの艇がすぐに使えなくなるわけではなく、壊れて修理出来なくなるまでは最後まで使いたい。
# 話を聞いている限りでは普通に使っているのであれば壊れることもないようだ。

来年は写真の割合を減らしてアウトドア率を増やしたいところである。

目下の懸念はアフターサービス、特にフレームやリブフレームを破損したときに修理が利くかどうか、といったところか。
スキンに関しては修復用テープやスキンで修理は可能だが、フレームやリブフレームは流石にそうもいかん。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:
 2016/12/05
V6IIを子機にしてOLYMPUS FL-600Rを使う
CACTUS V6II と OLYMPUS FL-600R を組み合わせたときのまとめ。

結論としては
V6II が 2個有ればとりあえず無線制御で事足りる使い勝手になった。
となりました。
いやー、FL-600R が V6II になっても使えないらしかった (フル発光しか出来ない(!)) が、ようやっとなんとか使えるレベルにはなったようで。

(更新:2016/12/5 23:30)
  • ファームウェア、特に V6 は最新版 (V2.1.001 以上) を使用すること。V6II も何らかの修正が比較的頻繁に入っているので要チェック。
  • V6II でワイヤレス機能の全て (光量変更とストロボズーム変更及び FL-600R の調光など) を使用するなら親機も V6II を使用しなければならない (V6II が最低 2個必要)。
  • 単に発光させるだけなら親機は V6 でも OK。ただしその場合は発光量変更などはストロボ本体側で設定する必要がある (ワイヤレスでの操作は出来ない)。っていうかそれなら子機も V6 でいいし。
  • V6 を V6II の子機にも使えるが V6 は FL-600R に対応してないので発光しか出来ない (ワイヤレスでの光量変更も無理)。
  • ワイヤレス機能使用時の発光量は V6II の SYNC MODE 設定に関わらず (HSS OFF であろうと) FP モードの光量となり、M モードでの発光量ではない。特にストロボ本来 (M モード) のフル発光を使用する場合は、残念ながらストロボを TTL-A から M モードに変更して手動設定する必要がある。
  • RX で FL-600R を自動認識しなくなったら FLASH PROFILE 設定でプロファイルを固定化する必要有り。TTL 信号を使って調光しているのでプロファイルが一致しないと制御出来ない。
使用している用語を少しだけ整理しておく。
調光
ストロボを駆動する機器がストロボの光量を特定の制御信号 (V6 系では TTL 信号) を利用し増減すること。ここでは V6 系が行う。
光量変更
ストロボを駆動する機器でストロボの出力値を設定すること。ここでは (マニュアルストロボなので) 人間が行う。
ここらへんの意味を取り違えると大変なことになる。

結論以外は折りたたんであるので気になる人はそっち見てください。
RF60 とかの話も混ぜてあります。
↓以下余談(?)↓

続きはこちら。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:
QRコード
携帯サイト試験運用
http://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • SMDV SPEEDBOX-60 (コメットストロボ扱い)
  • cactus V6II
    まさか2個も買うとはね…フフ怖
  • ZD 35-100/F2
  • cactus RF60 (3本目)
  • ZD 50mm Macro
  • TG-TRACKER
  • ニンバス チヌーク
  • M.ZD ED 7-14mm F2.8
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト