2017/12/19
続続・久しぶりにカスタムメイク
DDH-08 のメイクがちょっと雑だったので、ドルパ38でヘッドを買ってきてメイクをやり直した。

ドール写真注意。

なんか増えたなおい…。
PC189140.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

左がリトライ版、右が初期版。
主にアイラインの目尻が太かったので細くなるよう気をつけつつ。
PC199142.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV PC199146.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

結果、かなり柔らかい表情に。
PC199159.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.12-40mm F2.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV PC249175.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.45mm F1.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

初期版は
  • リキテックスリムーバーの塗料除去実験
  • やり直し練習
  • 口内開口実験
として再利用。

結果は
  • ファレホは数日経つと色素沈着してリムーバーでも除去しきれないためサンドペーパーで表面の薄皮を剥く必要有り。特に赤系は即沈着するので要注意。
    # というか色素沈着よりも塗料が分解せずまとわりつき広がってしまい除去しきれなくなる、と言った方が正解かもしれない。
  • DDH-08 の口内は開口して単に裏打ちしてもソフビの厚みがあるため奥まって見えてしまう。必ず表側に若干飛び出すように裏打ち材を作る必要有り。
と、なかなか面倒臭い結果になった。

PC249179.jpg : OLYMPUS E-M5MarkII, OLYMPUS M.45mm F1.8, 1/250sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

  - NO COMMENT -
QRコード
携帯サイト試験運用
https://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • cactus RF60 (3本目)
    Godoxに化けました(
  • ZD 50mm Macro
  • TG-TRACKER
  • ニンバス チヌーク
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト