タイトルリスト
ドルパ24のお買い物(2011/01/16 21:32:17)
初走りとお買い物(2011/01/04 02:46:28)
ドライバースタンド鶴見店で閉店セール(2010/12/24 02:08:40)
オイル交換とスクリーン交換(2010/12/19 01:39:23)
ドルパ24に行ってきた 〜 イベント参加編(2010/12/15 19:58:06)
HID取り付け準備(2010/12/07 02:44:02)
やっちまった orz(2010/12/06 01:54:37)
ヘッドライトバルブとチェーン清掃(2010/12/03 20:07:00)
パラボリカ風のサイドキャリア・・・のはずが(2010/11/28 00:58:02)
SPICE タクティクス リアフェンダー(2010/11/19 14:23:19)
1000km点検(2010/11/15 11:43:06)
冬グローブ新調(2010/11/14 22:39:18)
洗車グッズ買い足し(2010/11/09 02:23:04)
ブリスNEO購入(2010/11/04 23:18:00)
トレフェスに行ってきた(2010/11/02 21:34:53)
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23
 2011/01/16
ドルパ24のお買い物
あれ、ドルパ24の買い物日記って書いてなかったっけ?と思って見直してみたら書いていなかったようだ。orz
というわけで今更だが。

人形写真注意。

買ったのは「ざっくりニットワンピセット」だけ
お金無かったんですよ。(´・ω・`)

まずは普通の着方。
PC165035.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/50sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV

んで中のワンピース無し。
もちろん裸ニットですよ?
PC155021.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/50sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV PC155020.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/50sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV

ワンピだけ・・・ってどうみてもスリップです。本当にありがとうございました。
PC155009.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/40sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV PC155014.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/40sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV

その後偶然エクスカリバー+アヴァロンが手に入った。

P1105993.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV P1105995.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

P1105997.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV P1105998.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

カッコイイね、この2つ。
  • あぞっち: ( ゚∀゚)o彡゚ 谷間!谷間!
  • G兄:早速食いついたなおっぱい星人w
TrackBack URL:[]
 2011/01/02
初走りとお買い物
福山SRの閉店セールでウィッグ福袋が出るということで、それなら初走りついでにいっちょ福山まで走るか!と0430時に起きるも寒さで布団から出られず、15分ほど布団の中でぬくぬくしてから起きてPCの電源入れてJARTICを見てみると山陽道の凍結・雪情報は無し。
しかしウェザーニュースのウェザーリポートを見てみるとどうも微妙に雪が降っているような。
行こうか行くまいか音頭を踊っていたもののとりあえず出てから考えようということで家を出たのは0600時過ぎ。

途中でガス入れて近畿道→中国道→山陽道のルートになるが、西宮北IC前後で気温ががっくりと低くなり急に寒くなった。
辺りを見回してみると一面銀世界で黒いのは道路だけ。
凍結の恐怖を感じながら前方の低速車についていくことにしたが、前方の車のタイヤは水しぶきを上げているし、時々足裏センサーを使ってみても凍結はしていない模様。

0700時頃になるとGSM16051は冷気貫通して手がかじかむわRS005はBOA絞めすぎで血行が悪くなる+冷気若干貫通で我慢できないほどの冷たさになるわでもう大変。
本気で引き返すことを考えたが、高速道路を降りると車通りが少ない道路では降りたところから動けなくなりそうだったし、休憩しようとSAPAに入りたかったがアプローチが積雪・凍結してそうでこわかったので走り続けるしかないという生き地獄。

路面状況がある程度良くなったところで吉備SAでコーヒー休憩。
しかし一番危ないのは道路ではなくSAだった。

歩道が凍ってつるつるでんがな。(;゚д゚)

危うく滑りそうになりながらも中に入ってコーヒーを飲んでTwitterでツイートとか。
SAが天国のようでした。

あまりにも長居するとケツから根っこが生えそうだったのでそうそうに引き上げ。
BOAの締め付け具合を緩めて血行を良くし、手はクラッチカバーで温めてから出発。

あとはノンストップで福山まで。

CASPAには駐輪場は無いが周辺にバイクを停めてるようだとCASPAの中の人に聞いたので見てみたが、どうもこいつら違法駐輪でんがな。(´・ω・`)
しかたがないので事前にチェックしておいた東3番ガード下の駐輪場につっこもうと駐輪場に入って一旦降りてふと前面を見てみると

まっしろけ。orz

融雪剤(塩カル)だなこりゃ。
家に帰ったら即水で流さないと。

そこから徒歩でCASPAに移動するが長蛇の列。
これ全部福山SR閉店セールの列か?と思ったらCASPAそのものの入場列だそうだ。
# 後で聞いた話によると表玄関で先着200名様に1000円金券配ってたらしい。
しかし裏側の入口は人が少なかったのでそこから入場することに。

10時になってドアが開くと我先に中になだれ込んでいく人達。
そんな人らを横目に見ながら7Fまでエスカレーターで上がり福山SRへ。
まずはウィッグ福袋を確保。
その後は店内をぶらぶらしているとドルパ23で販売された赤に金の刺繍のゴージャスソファが3割引だった件。orz
さらにぶらぶらしていると同じ関西のドルあきと遭遇。
なんでこんな所にいるのか訳がわからなかったが、更に訳がわからなかったのは神奈川のドルあきも居た。
他に買う物は無いのでそれだけ会計済ませて用事は完了。
最終的には5人になったので近所の喫茶店で昼飯喰ってウィッグ福袋を開けて物々交換。

それが終わるとあとは落ち穂拾い。
そこで偶然幼SD用アヒルスーツ展示品が置いてあったので確保。

会計済ませて時計を見てみると15時?頃だったのでここらでお開きにするかーということでJARTICを見てみると山陽道が真っ赤。orz
へこみながら帰途につくが上に乗ってからしばらくすると混雑し始めてきた。
本格的に渋滞になってきたので低速すりぬけしていると渋滞を脱出するも、最終的には3、4カ所合計30km以上は渋滞にはまったようだ。

家に帰ってからは夕飯喰ってから塩カル流しのために水洗い。
エキパイに水がかかるとZZR1400が湯気に包まれたwww
水洗いが終わったら駐輪場に移動して水を拭いてからプレクサスで拭き上げ。
ピカピカになったところで今日のツーリングと買い物は終了。

部屋に戻ってからはウィッグ福袋のうち1つを着けて試してみた。

人形写真注意。

まずは銀髪。
前髪ぱっつんはやっぱり合わないね・・・。
P1035979.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

幼SD用アヒルスーツ。
ドルすれで時々見るけどやってみたかったんだこれ。
このためだけに5,000円は高いけど3割引なら問題無い。
P1035980.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV
  • MadWorkEr:卯年ゆえバニーさんコスプレ買ってくるから着てくれ、と嫁に言ったら拳骨飛んできましたとさ。
  • G兄:いろいろと楽しいご家庭のようで・・・。(棒読み
  • かとまい:>このためだけに5,000円は高いけど
    ゆき達は無かったことに・・・
  • G兄:ゆきの着ている狼さんは全身すっぽりに対してアヒルスーツは手足が出ちゃうじゃないの(´・ω・`)
    猫服は猫なので問題無い。
TrackBack URL:[]
 2010/12/23
ドライバースタンド鶴見店で閉店セール
ドライバースタンド鶴見店で閉店セールをやっていて意外と安い物が多いときょーちゃんから通報を受けたので、二度寝をして美山に行けなかったため昼過ぎに行ってきた。
結論から言えば美山をキャンセルして行って正解というほどの収穫。
# 1点だけ除いて・・・。orz

予想していたほどの人出はなく店内は比較的閑散としていた。

今回買ったのは次の通り。
  • サインハウス マウントシステム ステムマウントベース C-12(φ15.8):2,415円(5割引)
  • CF POSH アジャスタブルシフトペダル(モンキー他用):4,263円(3割引き)
  • MOTOFIZZ バインドアタッチメント KAWASAKI用:1,344円(8割引き)
  • DAYTONA フェンダーレスキット(ZZR1400 06年〜07年用)+110型2極コネクタ:7,014円(5割引き)
2時間ほど店内をうろうろして買う買わない音頭をひたすら踊っていたのはフェンダーレスキットw

MOTOFIZZ エアロサイドバッグ MFK-119が25,200円の8割引で売っていたので買う買わない音頭を踊っていたのだが、ジッパーが開いていたので「そういえば中を見てないな」と思いおもむろに中を見てみたところ・・・

なにこの狭さ。(゚д゚)

まぁシートカウルに沿わせるようにあれだけえぐれてたら無理もないですけどね。
危うくレジに持って行って会計しようとしてたからやばかった。

で、ここで5,000円ほど浮いたのでそれなら実用性重視パーツをコンプリートした自分へのご褒美wとしてフェンダーレスキットを買ってしまおうと。

今回の買い物で失敗したのはアジャスタブルシフトペダル。
実はZZR1400に合うらしいのはAPE50/100用であってモンキー/ゴリラ用ではない。
というのも、車体からのオフセットと長さが全然違う。
モンキー/ゴリラ用は最長で105mm。
これはZZR1400純正シフトペダルと全く同じ長さ。
しかもシフトペダルシャフトに刺すと固定用のネジが入らない。
どうやらシャフトに掘られている溝の位置が微妙にずれている。
それに比べてAPE50/100用は最長125mm。
これだけでも全然違うことがわかる。

今回はしかたがないのでネジ2本で留まっているところを1本にして更に延長、限界と思われる絞め具合で長さ調整ネジを締めて固定。
# 写真の2本ネジは、1本はダミー。
ただし、この方法だとシフトペダルが微妙に上に上がってしまうし強度的な問題もある。
いざというときのために純正シフトペダルはシート下に入れてある。

PC235967.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/6sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

また、シフトペダルシャフトへの固定はM5ボルトが使えないので、M4ボルト+M4ナットで固定。
かなり無茶やってます・・・。
今度買い換えないと。

教訓:安さに浮かれるのはいいが対応車種をよく確認しよう。orz


最終:2010/12/24 02:08:40 カテゴリ:バイク全般
タグ:買物 ZZR1400
  • きょーちゃん:ペダルの間違った情報スマヌ orz
    エアロサイドバッグで同じ道を辿っていたのがワロタ。その情報は流すべきだったな(^^;
  • G兄:いやいや気にしないでー。
    対応車種確認せず買ったこっちが悪いんだからw
    まぁこういうのもネタにね・・・。
    エアロサイドバッグは同じだったか。
    あの中身の狭さは無いわ・・・。
    あの構造で何を入れろと。
  • きょーちゃん:階段上の棚にあったシート上に配置する奴とセットにすると、GIVI箱がいらないかな〜と思って中を開けたら・・・絶句したw あれであの定価は勘弁だぜ(^^;
  • G兄:なに、階段の上にそんなのあったのか。
    MOTOFIZZエアロバッグのシートトップだったらちと惜しいことをしたかもしれないが今使ってるシートバッグで十分使えるので節約節約。
  • きょーちゃん:そうそう、際限なく買いすぎるとあとが怖いからね(^^;
    ちなみに私は買いかけて、シングルシートカウルを取り外す必要を考えて却下になった(笑
  • シラヌイ:MFK-119使ってます。買わないで正解だと思いますw
    なか狭いです・・・見ないで通販で買っちゃいました。ハイ(^-^;
    取り付けが面倒!これを付けると雨が降るw
    すると砂が付着してシートカウルの塗装がゴリゴリ削れるw
    (プロテクトシール買ったけど、張るの面倒で張ってない)
    レインカバーがいつ外れてもおかしくない(1度落ちて拾った)
    GIVI V35買おうかと思ってるぐらいです。
    中は、入らないですねー、カッパ、予備のグローブ、ロック、チェーンオイルぐらいしか入れた記憶がない・・・

    シートバックも持ってますが、こちらはお気に入り
    ただ、レインカバー走行中に2回無くしてます。
    今は3代目のレインカバーだったりorz
  • G兄:なかなかに使い勝手の悪いサイドバッグのようですね・・・南無。orz
    レインカバーは形によって即飛んでいきそうですよね。
    うちのは真四角なので大丈夫ですが・・・。
    そろそろ買い換えないと防水になってないw
  • Casper-01:>なにこの狭さ
    クラウザー K2のサイドパニアも、ホルダーの食い込む部分が内側にせり出してて、容量30Lとは言え意外と制限あります。

    ちょっと高いですけど、箱を付けるのが手っ取り早いです。
    鍵付いててツーリング途中で何処かに寄っても、安心してバイクに荷物つけたままに出来るし。
    工具使われたら外されちゃいますけど、それを心配しだしたら何もできなくなるんで・・・
  • Casper-01:>DAYTONA フェンダーレスキット
    逆にGB250はフェンダーをウレタンフォームで7cmほど延長しました。
    雨の中走行すると正に雲泥の差がつきます。
  • G兄:箱はセキュリティ的・形状的・容量的に分がありますね。
    いつかは着けてみたいもんだ。
    フェンダーは雨対策にワンタッチ取り付け的なものを考える必要有りますがウレタンフォームっすか。
    塩ビ板+ステンレスステーで出来るかな?と思ってましたがそれも視野に入れてみよう。
  • れいなむ:箱付けて喜んで旅に出て、見事箱の鍵を無くしたヤシもおるます・・・。
    予備鍵は箱の中に入れちゃいかんですよ〜・・・
    あ、それとパニア付けた際はすり抜け時に車幅注意下さいな。
  • G兄:金庫の中に鍵入れちゃった的な・・・。
TrackBack URL:[]
 2010/12/18
オイル交換とスクリーン交換
RSタイチ松原店にSW-MOTECH、同京都店にGOLDWINが来るということで、オイル交換ついでに各店舗を回ってきた。

今回の目的は4つ。
  1. オイル交換
  2. スクリーン購入
  3. RSタイチ松原店でSW-MOTECHの営業さんに1つ穴仕様のキャリアに3つ穴仕様のアダプターをファスナー1個だけで付けても大丈夫かを聞く
  4. RSタイチ京都店でGOLDWINの営業さんにGSM12051 リアルライドロングの首回りがすかすかなのはサイズが違うのか仕様なのかを聞く

まずはZZR1400のオイル交換。
1ヶ月で4,000kmを走ったことになるのだが忍者の中の人に「はやっ!!!」とびびられたw
オイルは前回とおなじくKAWASAKI R4 SJ10W-40を4.1L。
ついでに中の人が各部の簡単なチェックをしてくれたのだが、なぜか冷却水が加減ギリギリだったのでサービスで入れて貰った。
# なんで減る?

その後はRSタイチ松原店へ。
店の近所で迷ったがどうやら反対車線だったようでUターンして駐車場へ。
きょーちゃんに電話してみると「今から出る」とのことだったので、SW-MOTECHの営業さんに上の件を聞いてみたが、答えは「大丈夫とは思いますが・・・」とのこと。
ただ、確認はしてないのでぶっちゃけ自己責任的な感じになる模様。
blogを見てると3つ穴を1つ留めで使ってる人もおられるようだし旧型は1つのファスナーで留まっていたみたいなので、もし使うなら使ってみてから考えよう。

ここでスクリーンの在庫を見てみると、運良くMRAのZZR1400用スポイラー、ツーリング、バブルタイプと、ゼログラのバブルタイプが置いてあったのでMRAのツーリングを見てみると排気用の穴が開いている。
これって雨降るとやばいんじゃね?ということでIS02で検索していると移動に1時間くらいかかるはずのきょーちゃんが到着。
その後10分ほど悩んだが結局ここでは買わず京都店へ高速道路を使って移動。
ちなみに松原店はZZR1400用のパーツが比較的置いてあったのはびっくり。
# 京都店はちょっとしか置いて無く、本店は全く置いていない。

京都店でも悩んだあげく、MRA ツーリングを購入。
穴の件は雨が降ってから考えよう。(笑)

ここでの目的も果たさねばならないので、GOLDWINの営業さんを捕まえて上の件を聞いてみたところ、どうも自分の首の太さは日本人の平均的首回りの大きさよりも細いらしい・・・。(笑)
これはGOLDWINなどののインナーウェアやユニクロのフリースの襟を出して隙間を塞いだりネックウォーマーで隙間を塞いだりすればよいとのこと。
前回の東京ツーリングではネックウォーマーを外出しにして風が中に入らないようにしていたが、その使い方で正解のようだ。
他にもいろいろ聞けたのでメモがてら。
  • GSM16051 ウィンターグローブなどの防水グローブは防水インナーが入っているので、水に濡れても絶対にぞうきん絞りや拳を握って脱水しないこと。インナーが破れて浸水します。
  • 浸水の原因は汚れ。汚れが毛細管現象を起こし内側に浸水する。汚れは洗濯で洗い落とす。その際すすぎは念入りに。粉末洗剤だと洗剤が残ってしまう場合があるので液体洗剤の方がベター。乾燥はほんとに軽く脱水した程度にしておいて陰干し。
  • 防水スプレーはメジャーなメーカーの物、出来ればGOLDWIN純正がオススメ。二流三流メーカー物だと逆に生地を傷めたりする。
  • 水濡れもしくは湿気ているレインウェアを高温多湿、いわゆるスクーターのメットインに入れると痛むのでやめましょう。
  • GSM16051やGSM12051は撥水効果が落ちてくると撥水スプレーを吹いて撥水効果を上げよう。その際、撥水スプレーを乾かすのに一晩置くこと。
営業さんに色々タメになることを聞いたのち、時間も時間なのでお開きということで枚方大橋北詰まで裏道?を案内して双方離脱。

自宅に帰ってからは飯喰ってからスクリーンの交換。

まずはデフォのスクリーンを外そう。

PC185930.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/13sec F2.0 ISO-800, 露出補正:0EV

純正スクリーンとの比較。
リップが長い。

PC185932.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/25sec F2.0 ISO-800, 露出補正:0EV

スクリーンの裏は何も無し。
ZZR400だとメーターカウルが有ったんだけどなぁ。

PC185933.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/13sec F2.0 ISO-800, 露出補正:0EV

ウェルナットは純正スクリーンから移植。
縮んでいるのを伸ばした上で更に4mmアーレンキーつっこんで押し込めば簡単に入る。

PC185936.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/13sec F2.0 ISO-800, 露出補正:0EV

取り付け。
先端はアッパーカウルの裏にある爪にはまるようになっている。
取り付けが終わったら付属の縁ゴムを取り付けること。
# これがないと車検に通らない。
取り付けは端っこをはめるのがかなり難しいが、はまってしまえばこちらの物。
端が7cmほど余るので不要部分はカット。
端っこに金属スリーブを圧着するようだがペンチを持ってきていなかったしこの固着力なら外れないだろうということで今回は着けていない。

PC185938.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/8sec F2.0 ISO-800, 露出補正:0EV

走行テストは後日。

  • SSK:>この固着力なら外れないだろう
    そんな風に考えていた時期が俺にもありました・・・(AA略)
    ええ、東北自動車道の落下物となりました・・・・・orz(MRA製)
  • G兄:(゚д゚)
  • mm:まあまあかな。
  • G兄:別エントリーでインプレ書きますが防風性能はそこそこでしたよ。
    ただ、この穴から雨は絶対入るだろうなぁ、と。
  • きょーちゃん:金具で止めても、止め具合が甘いと外れてくるんで要注意(^^;
    洗車中に外れて、簡単に外れたことにちょいとびびった。
  • G兄:うーん、一番いいのは瞬間接着剤ちょび付けか。
    べったりじゃなくてホントにちょび、っとね。
  • たわし@訓練生:># なんで減る?
    冷却水のエア抜きが完全じゃなかったか、走ってる最中に噴いて出て行ったかのどちらかじゃないかと。
    ・・・多分、新車なんでエア抜きかなと思う
  • G兄:なるほどそういうことっすか・・・。
    拭いて出て行ったとなると漏れ痕が見つかるはずですがカウル外したときにそういう痕はなかったのでエア抜きかな〜。
TrackBack URL:[]
 2010/12/13
ドルパ24に行ってきた 〜 イベント参加編
「こんな季節に正気か?」「変態!変態!変態!」「バカすぎる」などといろいろ暴言を吐かれましたが元気ですwww



移動は別のエントリーに書いたのでここではドルパ関連に絞って。

12日早朝は5時前にビッグサイトロン下に到着・・・って既に150人から200人くらい並んでるんですが・・・。
どんどん早くなるな早朝待機列。

7時頃に東館1〜3で列形成を行うことになり、すみか列の整理券をもらったら限定列のくじ引きに挑戦!

3,880番・・・。orz

まぁいつも通りの通常運行ですが!

すみか列の整理券番号は95番。
この番号だとどれか1つ2つは売り切れになるだろうなと思っていたらほぼ目の前で中等部セットが売り切れ。
他の商品はまだそこそこ余っていたが、やはり50番以内には入りたいところ。
といっても今回はざっくりニット服1着だけが目的だったので問題はない。

それよりも問題はその後だ。

なんと「有料卓確保失敗のお知らせ」。
100組くらいで売り切れとかバカですか?
流石ボークス、先見の明がないことに定評があるwww
無料卓(ドール展示禁止)で一応1人だけランドマークとして1人だけ置きながら「どうすんべ?」と作戦会議。
スレを見ているとどうも同日開催のI Dollの有料卓ががら空きらしい。
というわけで一部個人的な騒動(ガイドをバイクに置き忘れて再入場できずトランクとカメラバッグを持ち出せない→持ってきてもらった)はあったものの、イドル開催地の都産貿に移動。
# トランクとカメラバッグ持ってきてくれたドルあきありがとう。orz

都産貿はゆりかもめで竹芝まで行くわけだが、そこまで片道370円。
高っ!!と思ったが経路を見てみるとなるほどと思う次第。
意外と遠いのね・・・。

竹芝で下車したら都産貿まで徒歩で移動。
都産貿では既に先行していたドルあきが有料卓を確保していたのでそこで撮影。
・・・うーん、ホールの照明が暗い。
無料卓の方は明るいがあっちはドール展示禁止。
有料の方は暗いけどフリーダム。
しかし禁止といっても人が少なすぎるのか、他の人が無料卓で撮影してたけどなんにもおとがめ無しはフイタw

イドルは15時に終了なのでバイクを取りにビッグサイトへ。
そのまま帰ろうかと思ったがZZR1400を見たいというドルあきが居たのを思い出したのでとりあえずドルパ会場へ。
するとレジャーシートスペースの中央にドルあきらが居たのでお邪魔した。
ドルパは17時に終わったのでドルあきを連れて駐輪場へ。
いろいろと談笑しながら荷造りをし、18時に出発。

道中の話は別のエントリーに書いたが自宅着は日付変更線を跨いだ3時ジャスト。

今回のドルパは過去に例を見ない想定外のアクシデント盛りだくさんで正直移動疲れよりもイベント疲れの方が酷かった。orz

人形写真注意。

PC125871.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV PC125872.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/8sec F4.0 ISO-200, 露出補正:0EV

PC125892.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/20sec F2.2 ISO-200, 露出補正:0EV PC125902.jpg : OLYMPUS E-P1, 25mm F/1.4, 1/25sec F2.2 ISO-200, 露出補正:0EV

歩き疲れたイベントであった。
  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2010/12/06
HID取り付け準備
カスタムとメンテナンスはサブカテゴリ「バイクメンテナンス」で統一することにした。
分けると煩雑になるんで・・・。



ハイワッテージ・高効率バルブでもまだ暗いのでHIDをぽちった、というのは先日お話ししたとおり
今回買ったのはクレバーライトの「HIDシステム CAバラストキット(2灯セット) H8/H9/H11用 4300K (CL-CA-H8/9/11-4300)」というもの。
これには
  • HIDバラスト
  • HIDバーナー
  • HIDハーネス
  • 超強力両面テープ
が2灯分のセットとなっている。
Webサイトでは「バイク用HID」とうたっている物もあるが、中身は全く同じ物で、どうやらあちらは2灯分のパッケージを1灯分にばらしているだけであり、値段が若干高いのは手間賃だそうな(ぐぐった結果より)。
そのため、ZZR1400の場合は「2灯セット」を買えばよい。

他にも「H11変換カプラー(2個)」というのも必要となる。
これはHIDハーネスの車体側がギボシ端子となっており、そのままでは車体にカプラーオンで取り付けできない。
そこでこの変換カプラーを使い、車体側は無加工で取り付けられるようにする。
なお、HIDハーネスと接続するためにはギボシ端子が必要となるが、このギボシ端子はH11変換カプラに付属してくるので別途用意しなくとも良い。

クレバーライト側では他にも「リレーハーネス」を使うことを必須としているが、自分が試した限りではヘッドライトハーネスのカプラから直接バラストに接続しても点灯不良は発生していない。
ただしこれは車体やバラストの個体差などでたまたま当たりを引いた可能性もあり、また、クレバーライトではリレーハーネス無しでの取り付けは動作保証をしていないので、それを念頭に置いた上でリレーハーネスを使うか否かを決めること。



買った物まとめ
  • HIDシステム CAバラストキット(2灯セット) H8/H9/H11用 4300K (CL-CA-H8/9/11-4300)
  • H11変換カプラー(2個)



会社で配達状況を確認するとクレバーライトからHIDが届いていたので家に帰ったら即着けるぞ〜!と思ったら年末調整の記載ミスが有ったので一度帰宅してから某所へ。orz
途中で飯も食っていたので帰ってきたのは20時半頃。

荷物を開けてみると意外とコンパクト。
バラストがあんだけ薄けりゃそれもそうだわな。

で、懸念事項だったHIDハーネスの先っちょのコネクタ、blogとかを見ているとどうも平型端子らしいので、合うかどうかはわからないもののドラスタでキジマの平型端子セットを買ってきておいた。
で、HIDのハーネスの先っちょを見てみるとなんと最近はギボシ端子らしい。il|l|li orz il|l|li
ギボシ端子買いに行かないとテストも出来ないじゃないかと思ってH11変換カプラを見てみると、なんとギボシ端子が必要数入っていた!!
更に懸念事項だったH11変換カプラの極性については両方のケーブルが黒(笑)なのでどっちがどっちかは車体側カプラのハーネスの色を見て判断するか自分でテスターで確認しろということのようだ。

PC065778.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.2 ISO-400, 露出補正:0EV

更に予想外だったのはバラストを固定するための超強力両面テープが2枚とタイラップが山のように入っていたこと。

あの値段で電工ペンチさえあれば他に買ってくる物は無いというまさに「キット」な状態で助かりすぎた。



部品の不足がないことを確認したらまずはH11変換カプラの組み立て。
これは電工ペンチを持っていれば簡単に製作可能。
シリコンカバーを先に通しておいてから(これがよく忘れるんだ)ギボシ端子を圧着してシリコンカバーを被せる。
ギボシ端子はHIDハーネス側のギボシ端子をよく見て圧着する端子を選択すること。

PC065774.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/20sec F3.4 ISO-800, 露出補正:0EV

今回は片方のカプラにのみチューブを被せて線のばらけ防止としたが、大量に付属していたタイラップを2本ほど使ってばらけ防止としても良いだろう。

PC065782.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.2 ISO-400, 露出補正:0EV

圧着するギボシのオスメスは、今回届いたのはHIDハーネス側が 赤(+):オス / 黒(−):メス だったのでH11変換カプラはその逆で (+):メス / (−):オス とする。
で、圧着し終えたカプラをHIDハーネスに接続したのがコレ。

PC065783.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.2 ISO-400, 露出補正:0EV

圧着し終えたら車体に取り付けて試験点灯。
Lo側からカプラを外す。
Lo側カプラは 白/黄:プラス 黒/黄:マイナス となっている。

PC065786.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

これをH11変換カプラに接続してバラストとバーナーを接続していよいよ点灯!
# エンジンは火を入れてHIDが点灯したらちょっとしてから停止させよう。アイドリングはやかましい。

PC065789.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F2.8 ISO-800, 露出補正:0EV

これをどちらのHIDキットもやっておく。

ここでちょっと魔が差した。
ヘッドライトアッシーからヘッドライトバルブを外してバーナーと交換。
どの程度明るくなるのかな?と比較してみたのがこれ。

SLBXvs35WHID.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F3.3 ISO-1600, 露出補正:0EV

3倍くらい明るいんじゃね?ってくらい明るい。
よくわかるのは柵の柱の陰がIPFの方はうっすら見えるのに対し、HIDの方はこれでもか!と言わん限りの影が出来ている。
こりゃ期待できそうだ。

初期不良チェックはこれで終わったので、今度は不要な物をとっぱらう作業とバラストの固定。

まずはバーナーに着いているプラスチックケースの取り外し。
これはゴムキャップを歪ませてプラスチックケースをはずせばよい。

PC065799.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.2 ISO-400, 露出補正:0EV

このゴムキャップはZZR1400の場合?は使わないようなので自分は切って捨ててしまった。
切開する場合はカッターナイフではなく、必ずはさみの先端でじょきじょき慎重に切り開くこと。
バーナーのケーブルに傷を入れるとそこから漏電してえらいことになるので慎重に!
# 車体のヘッドライトバルブカプラとバラスト間は12Vだが、バラストとバーナー間は超高電圧がかかっている。
自信が無い人はこの除去作業は絶対にやるべきではない。

PC075815.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F3.5 ISO-400, 露出補正:0EV

バーナー側にはまっているプラスチックワッシャはこのように一旦防水パッキンを外してからでないと外れない。
防水パッキンはあらかじめ緩く取り付けられており、プラスチックワッシャは取り外す前提となっているので、組み込む前には必ず外そう。

PC065800.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.4 ISO-400, 露出補正:0EV PC065801.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.1 ISO-400, 露出補正:0EV

その後、防水パッキンは正しい位置にはめ込む。

PC065802.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.4 ISO-400, 露出補正:0EV PC065803.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.5 ISO-400, 露出補正:0EV

この時、バーナーのガラスには絶対に触らないこと!!
万が一触ってしまった場合はアルコールなどの揮発性の高いもので拭く。

このパッキン、自分はヘッドライトアッシーに取り付ける際にどうやっても着かなかったのでおかしいと思って確認したら気がついたのだが、ここらへんについては説明書には何も書かれていない。
というか説明書は配線図だけで何をどうしろと言う細かいことは一切書いていない
そもそもクレバーライトのHIDは自分で考えてなんとかするキットなのでその点はどうでもよく、逆にそうだからこそ組付けの楽しみってものが有る。
こうして日記のネタにも出来るわけだし。(笑)

バラストはセンターカウル裏のウインカーステーに取り付ける。

PC065804.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.5 ISO-400, 露出補正:0EV

付属していた超強力両面テープはバラスト前面に貼り付けるサイズだったので、それをステーの幅に切ってこのように。

PC065808.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/60sec F3.5 ISO-800, 露出補正:0EV

それをこのようにぺたり。
落下防止のためにタイラップを2本繋いで補強、これを2ペアで固定する。
# 写真では1ペアのみ。
超強力両面テープが超強力すぎて落ちそうにないのだが念には念を。

PC065810.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/30sec F3.5 ISO-800, 露出補正:0EV

あとはセンターカウルカバーを仮組みしてバラストの固定は完了。
センターカウルカバーはどうもこれも歪んでいるようなので必ず仮組程度で。
本締めは車体に取り付けて全体のチリを合わせながら実施のこと。

PC065812.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/15sec F3.5 ISO-800, 露出補正:0EV

車体への取り付けは明日実施。


  • きょーちゃん:と言うことは俺が買うなら「CL-CA-H4Hi/Lo-4300-Dual」という奴になるな。
    ただし、H4ではなくH4R1なんだが・・・ orz
  • G兄:そっちのVFR800はRC46-2だっけか。
    突起の加工が必要なようで・・・。
TrackBack URL:[]
 2010/12/05
やっちまった orz
先日 IPF スーパーロービームX 4600Kに交換したが、絶対的な光量が足りずくずおれてしまった俺。

こりゃもう行けるところまでいっちまうしかねーべ!というわけでクレバーライトのH11 2灯セット(CL-CA-H8/9/11-4300)とH11変換コネクタの合計14,400円をお買い上げ。
これで絶対的な光量を確保できない場合は88houseの45W ラウドHIDを買うしかないが、それでも光量が足りないとなるともう諦めるほか無し。
ZZR1400に35W HIDを付けたときの明るさがどんなもんかが全くわからないので博打。

あとはHiを捨ててLoの光軸を少しageる手も有る。
Loの光軸、低すぎる気がするわやっぱり。
Hiだと高すぎるしな〜。



HIDが届く前にバラストを取り付けるためにミドルカウルを外しておく。
東京行きが週末にひかえているので少しでも時間を短縮しないと。

アッパーカウル下のカバーを外して〜

PC034753.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/30sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

アンダーカウルを外して〜

PC055753.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV PC055751.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 0.4sec F2.8 ISO-800, 露出補正:+0.3EV

ディフューザー外して〜

PC055757.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

インナーカウル外して〜

PC055758.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

タンクカバー外して〜

PC055761.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

・・・って、汚っ!!!
こういうときにタンクキャップに磁石で固定できる皿があると便利ね。
今度買うか・・・。

PC055762.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

そしてやっとミドルカウルを外せる

PC055763.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV PC055766.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

って

なげーわ!!

整備性極悪・・・。

外したカウル達。
これは一度せっせと家に持って帰ったのだが、ミドルカウルにぶら下がるアンダーカウル以外は車体に仮止めしておけば良かったと気がついて再度運搬。orz

PC055767.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

上半身?裸になったZZR1400。( *ノノ)キャッ

PC055768.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/8sec F2.8 ISO-1600, 露出補正:0EV

部屋の片隅を占領された。

PC055770.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

あとはこのサイドカウル内側のカバーを外せばウインカーステーとご対面できるので、そこに3Mの超強力両面テープとタイラップで固定。

PC055771.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/10sec F2.8 ISO-200, 露出補正:0EV

カウル剥がすだけでくたくただわ・・・。

明日はHIDが届くので、帰宅次第ミドルカウルにバラストを固定、タンク前部のきちゃないw所を拭き掃除してからカウルを元に戻す予定。


  • バイザー:>整備性
    空力を考慮してあれだけカバーされていれば、ある程度面倒なのは仕方ないっすよ。大昔にバイク屋で働いていた頃、丁度カウル付きがはやりだした頃で、その整備性の悪さを嘆いていたことを思い出しました。もっとも、4メーカーでホンダが一番整備性は良かったですが。
    #一番整備が面倒だったのはスクーターだったな

    このエントリの写真を見て初めて気がつきましたが、ブレーキNISSINだったのですね。というわけで、ブレーキの生まれ故郷の上田にかもーんw
  • G兄:>空力を考慮してあれだけカバーされていれば
    デスヨネー
    でもカウルのチリが外すたびに合わないそうなのであまり頻繁には外したくないかな。
    ボルトを全部仮止めでチリを合わせながら本締め的な組み方をしないとダメっぽい。
    >もっとも、4メーカーでホンダが一番整備性は良かったですが。
    ホンダェ・・・。
    >NISSIN
    TOKIKOしか知らなかったのでカルチャーショックでしたw
    上田は来年の春かな〜。
TrackBack URL:[]
 2010/12/03
ヘッドライトバルブとチェーン清掃
平日に休みを貰って里の紅葉撮影をしにいこうとしたらものすごい強風の上に暗雲+小雨と天気が洒落にならない酷さだったので、ならばと以前から計画していたチェーン清掃とヘッドライトバルブの交換を実施。

まずはチェーンとスプロケを拭き拭きして色を取り戻す。
納車時に吹かれていたチェーンルブがホワイトルブだったのでもうねっちょねちょ。('A`)

次にフロントのルブうんこを取り除くためにスプロケカバーを取り外s・・・と思ったらクラッチリリースアッシーを外そうとするとアンダーカウルが邪魔をしてボルトを1本だけ外せないのでアンダーカウルを外す。
しかしなかなか外れないのでアレー?と思ってよ〜く見てみると、えらく凝った固定がなされていた orz
アンダーカウルを90度外側に開いて爪から外して無事取り外し完了。

PC034738.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/25sec F6.3 ISO-100, 露出補正:0EV PC034740.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 0.3sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

スプロケカバーは取り外す前にスピードセンサーとクラッチリリースアッシーを外す必要があるが、クラッチリリースアッシーはそのまま放っておくとクラッチリリースピストンが抜けてしまうのでシャコ万で固定しておいた。
# ホントに徐々に飛び出てくるから外してる最中もガクブルだった。

スピードセンサーとクラッチリリースアッシーが外れたのでボルトを2本外して取り外s・・・取れねぇ('A`)
結局表から見えにくいところに更に3本、合計5本のボルトがあったのをなんとか見つけて取り外し。
このボルト、長さがほとんど違うので何処に何が刺さっていたかをきっちり覚えておくこと。
# 忘れてしまったらカワサキモータースジャパンで見られるパーツリストを見ればよい。
しかも2本は3/8のソケットが入らないので1/4のソケットを使用した。

カバーが外れたらチェーンガイドを外して固着したルブうんこを除去。
完全に固形ではなく半固形だったのは助かった。

除去後。
綺麗になった!(・∀・)

PC034722.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/30sec F6.3 ISO-100, 露出補正:0EV

カバーの裏は特に汚れ無し。

PC034727.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/30sec F6.3 ISO-100, 露出補正:0EV

さてカバーを取り付けるぞ〜♪と思ってボルトを3本仮固定してふと周りを見たら・・・

PC034732.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/30sec F6.3 ISO-100, 露出補正:0EV

ガイドピンを1個取り付けるのを忘れていた('A`)ので初めからやりなおし。

アンダーカウルを外せたら次はチェーンの注油。
ホイールに油がかからないようガード。

PC034741.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 0.3sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

使っているチェーンルブはVerity スーパーチェーンオイル。
さらさらタイプで使いやすいのだが容量が容量だけにいっこうに減らないwww
1週ぐるっと吹いたら残り油を拭き上げてからしばらく空回しして更に残り油を拭き上げて完了。

次はいよいよヘッドライトバルブの交換。
まずはアッパーカウル下のカウルを外すためにピン2本と六角ボルトを外す。
ピンは真ん中を押し込んだ後にハンドル側から腕を突っ込んでピンを押せば下に抜ける。

PC034749.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/20sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

抜いたピンの頭は逆に押し込んでおく。
左は外した直後、右は取り付け前。

PC034750.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/20sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

アッパーカウル下のカウルだが、ボルトとピンを外しても外れないのでどうしたもんかと思っていたら、どうやら後ろにスライドして外すようだ。

PC034753.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/30sec F4.0 ISO-100, 露出補正:0EV

ZZR400だとただ単に被せるだけなのに、1400になってからはあっちこっち爪があって大変だ。('A`)

外せたらヘッドライトバルブの交換となるが、ヘッドライトバルブに爪で固定されておりケーブルが外れないのでケーブルがついたまま外す。
外れたらヘッドライトバルブからケーブルを外し、今度はヘッドライトバルブのみを取り付ける。

この時ここでもまた罠が。
ヘッドライトバルブの回す向きは両方とも左回しで外れるというのをわかっていたはずなのに、なぜか「右ランプは左回し、左ランプは右回し」というわけのわからん思い込みを30分ほどしていたためにヘッドライトバルブが入らない入らないと延々悩み続けていた('A`)

それがわかってから即交換できたので早速点灯式。

PC034757.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/125sec F8.0 ISO-100, 露出補正:0EV PC034760.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/80sec F8.0 ISO-100, 露出補正:0EV

左がデフォで右がIPF スーパーロービームX 4600K。
白っぽい色になってて格好いい。
# 蒼っぽくなるとDQN臭がするので5000Kが上限。

んでもって両方交換。

PC034762.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/125sec F8.0 ISO-100, 露出補正:0EV PC034768.jpg : OLYMPUS E-3, 50mm F/2.0, 1/80sec F8.0 ISO-100, 露出補正:0EV

明るさについては夜間走行してないのでまた今度。

それにしても、暗さの理由はヘッドライトバルブが暗いという他に光軸が低いというのもあるらしい。
立駐下で確認してみたが確かに近いところを照らしているのでハイスピード走行では心許ない。
ZZR1400のヘッドライトアッシーはHi/Loの光軸調整が一体式になっているのでLo側だけageというわけにはいかず・・・。

  • きょーちゃん:フロントのスプロケカバー内は掃除したいんだが、うちのバイクは難しそうで・・・(^^;
    カウルカバー固定によく使われるピンは結構折れるのでご注意を。
    ヘッドライトは・・・俺の場合は上を照らしすぎて対向車からパッシングがw >軽くなったのに不思議ww
  • たわし@訓練生:>チャーン
    このスレにおいで(ぉ
    【誰にも】オイルでチェーンメンテ23クリ目【負けません】
    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/bike/1281179959/l50
  • G兄:>きょーちゃん
    既にピンが白くなりかけて折れそうな部分があるよ・・・。
    ヘッドライトはもうちょっと上向けたいんだけどな〜・・・。
    >師匠
    そこみて思い立ったが吉日的な!
TrackBack URL:[]
 2010/11/25
パラボリカ風のサイドキャリア・・・のはずが
ヤフオクでパラボリカ風のサイドキャリアが3.1万で売っていたので散々悩んだあげくぽちっ。
そして本日届いたので早速取り付け!

まずはシートを外してボルトを確認。
フューエルタンクブラケット両サイドのボルトとグラブバーの前の方にあるシートロックアッシーを固定しているボルトの合計4本。

PB254673.jpg : OLYMPUS E-3, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F5.6 ISO-100, 露出補正:0EV

後ろのボルト2本はシートロックアッシーを固定しているので、左手でずれないよう裏から押さえながら右手でボルトを外し、上からサイドキャリアを乗せてボルトで固定する。
ちなみにうっかりぽろりと外れてしまい元の位置に戻らなくなったら、グラブバーを外してグラブバーの下にワイヤーがぷらんぷらんしてるので、それを適当にひっぱったりすると元の位置に戻る。

この時、先にフューエルタンクブラケットにサイドキャリアをゆるゆるの状態で仮止めしておけば楽に作業が出来る。

PB254678.jpg : OLYMPUS E-3, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F5.6 ISO-100, 露出補正:0EV

取り付けが終わったので早速シートを載せてみるぞ〜♪と思ったがなんかおかしい。

PB254681.jpg : OLYMPUS E-3, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F5.6 ISO-100, 露出補正:0EV PB254685.jpg : OLYMPUS E-3, 14-54mm F/2.8-3.5, 1/40sec F5.6 ISO-100, 露出補正:0EV

浮いてね('A`)?

おかしいと思いながらシートを固定してみたが、シートが歪んでまともに取り付けできず。
7mmくらい浮いてるんじゃないかな。
本来ならばサイドキャリアがシートカウルと接触するくらいの低さになるはず。

流石にこれはやばすぎるので出品者に連絡してみたところ、十数分後に電話が。
大変申し訳なさそうにしておられて、着払いで送り返してもらったら不具合部分を作り直す?との事。
しかし4つ作ったうちの3つは自分と他2名の所に送られており、他2名からは自分のような問い合わせは無いという。
その二人は「こういうもんだ」と割り切って使っているのか、それとも問題無く取り付けられたのか。

ただ、出品物の写真を見てみると足の部分が短いにも関わらず現物の足は長いのでたぶん製造上の間違いなのだろう。
また、パーツリストを見てみると08年版はパーツ番号が違うが09年版〜11年版はパーツ番号が同じ。
フューエルタンクブラケットの台座部分がシートフレーム側で11年版だけかさ上げされてるとすると、フューエルタンクの上下位置も変わってくるので台座部分がかさ上げされているとは思えず。
出品者曰く「後ろ側(ロックアッシー)のかさ上げをするよう指示をしたけど(外注らしい)、もしかしたらその時に間違って両方かさ上げされたのかもしれない」との事で、とりあえず品物を梱包し直しで着払いで発送予定。

正式版が届き次第インプレをし直すのでこうご期待!



翌朝サイドキャリアをクロネコ営業所から発送。

仕事場に着いてから一方を入れようとしたら取引ナビでメッセージが。

物の修正は今月中に終わらせるとのこと。

作ったサイドキャリア4つの内、2つは既に先の取引で他者に、1つはうちに、1つは在庫で現在出品中。
このうち先の取引で引き取られた2つは落札者に問い合わせたところ問題なく付いているらしい。
問題は在庫の商品の方で、そっちはうちと同じ問題が出ていることを確認したそうだ。
4つの商品が同時期に作られたのか、それとも別のタイミングで作られたかは謎だが、とりあえずブラケットの取り付け位置の高さが出品者側で持っている?ZZR1400だとどうかを確認してもらう。

高さが違うとタンクの位置も変わってくるからあり得ないんだけどなぁ・・・。
08年版以前だと可能性はなきにしもあらずだが。



それにしても出品者、レスポンス良すぎフイタw
ノークレーム・ノーリターンって書いてあったから泣き寝入りかなーと思ったがなんのことはねぇ、対応しっかりしすぎて感動したw



出品者より連絡あり。
予備があるのでそれ送りますとの事。
念のため写真を撮ってもらったらブラケット側の足の長さが1/4くらいの長さwww
たまたま自分に送られてきたのが加工ミスを引いてしまったということね。

ホント引きが悪すぎだぞ俺('A`)

ちなみに明日の朝(11月28日)に発送するので11月29日に届く予定。
今から楽しみwww



ブツが届いたので早速取り付け。
別の日記にしました。

次の日記へ→

  • きょーちゃん:いい値段するだけに対応は丁寧だな。
    外注>店に卸して売るよりは、ネットで受注販売の方が粗利がいいからね。
  • G兄:えらく下手で丁寧でしたよえぇ。
    こう書くと評価を書いてるようでアレだが、今んところは「信頼できる出品者様」ですわ。(笑)
    なんならZZR1400で乗り付けてフィッティングしてもらってもいいんだがかなり上の方だからな〜・・・。
    こっから北回りで走ると一直線だが7時間半・・・。
  • シラヌイ:はじめまして。その昔、KMGtの北海道支部で活動をしておりました。
    最近乗り替えられたのですね。自分は07のオーシャンブルー乗ってます。10モデル目立ちますねー。
    サイドキャリアですが、私もパラボリカ純正(というのだろうか?)を使ってます。後ろの左右繋がってる部分も形状が違いますね。
    あからさまに、浮すぎですね。
    カウルに傷がつかないように、スポンジ貼ってる部分が虚しく見える(^-^;
  • G兄:どうも初めまして。:)
    オーシャンブルーもいいなぁ、あのブルーも綺麗すぎっすよ。
    最近のモデルに出してこないのが不思議です。
    ハンドメイド風味バリバリのやつはパラボリカそのものですね。
    「風」の方は後ろのブリッジが打ち出しなのかかなり綺麗な造形になってます。
    前の足はやっぱり浮きすぎですよね・・・。
    スポンジ貼って取り付けて全然設置しないから「これじゃスポンジいらないじゃん!」とか思ってました。(笑)
TrackBack URL:[]
 2010/11/19
SPICE タクティクス リアフェンダー
ZZR400でリアハガー(以降「リアフェンダー」と呼称)が無い故にリアサスとリンク周辺がぐちゃぐちゃのどろどろになって目も当てられない(つ∀`)アチャーという状況になったので、ZZR1400では即リアフェンダーを取り付けることにした。
取り付けた物は「SPICE Tactical Rear Fender (FRP 黒)」。
ホントはKawasaki 能塚モータースのリアーフェンダーが欲しかったのだが、FRPでもお値段がちと予算オーバーだったのでしかたなくこれに。

フェンダーとチェーンカバーの長さが短いのが気になるな、と思っていたら案の定。

まずはデザイン。
安さでFRPの黒を選んだが、無地の黒でつや有りのため11年式ZZR1400だとエボニー(つや有り黒)と似たような感じなので違和感は全くない。
カーボン柄のように「後から付けましたカスタムしました」感は抑えられるので、自己主張をしたくないのであればFRPの黒を選ぼう。

次に取り付け。
歪みはそれほど無いけどやっぱり微妙に歪んでいる。
ちょっとこじればなんとか左右対称っぽくなった。
# これについては後述。

取り付け後の感想は、というと・・・。

タイヤとのクリアランスは狭めなので何か踏んで巻き込むとフェンダーもろとも・・・。

フェンダーの長さについてはまだ水たまりを踏んでいないのでまた後日踏んでから(笑)のインプレとする。

チェーンカバーは予想通り短すぎてチェーングリスが飛び散りまくりwww
ふとナンバープレートの裏を見ると黒いぶつぶつが・・・。
どうもチェーンから飛んだチェーングリスのようだ。
他にもシートカウルの裏にもちょこっと付いていたりとチェーンカバーの長さが短いのはやばい。

フェンダーの長さはいいとして問題はチェーンカバーの長さ。
延長カバーでも付けるか?と考えていたが、ここでふと「デフォのチェーンカバー付けたままリアフェンダー付けられるかも?」と思った。
というのも、センターが出ていないと言うよりも、どうもチェーン側が内側に絞られているようなラインに見える。
よく観察するとボルト固定部の座繰りが大きめで、チェーンカバーも大きくなっており断面形状もデフォのチェーンカバーと非常に似ている。
そこで、デフォのチェーンカバーを付けたまま上からリアフェンダーを付けてみたらどうなるか?と思って試しに付けてみたら・・・。

なんということでしょう。

無理なくついちゃった☆(・∀・;テヘッ

座繰りが丁度デフォのチェーンカバーのステー部と合うようにはまり、チェーンカバーは上下方向に対して一回り大きめだが余裕を持ってデフォのチェーンカバーを覆っている。
しかもチェーン側の歪みが取れて左右均一に。
説明書では「デフォのチェーンカバーは外せ。」と書いてあるが、デフォのチェーンカバーを付けた状態で取り付けると無理なく収まるあたり謎仕様。

このリアフェンダーを使っている人でチェーングリスの飛び散りが気になる人は、「見た目がちょっと格好悪くなるけどチェーングリスが飛び散るよりマシ!」と考えられるならばこの取り付け方は非常にお勧めだ。
なによりデフォのチェーンカバーが無駄にならなくて済む。(笑)


  • きょーちゃん:バイクによって色々と付け方があるようですな(^^)
    ちなみにうちのはカーボン仕様でチェーンカバーの上から取り付けるタイプです。
  • かとまい:なんだかすっかりバイク乗りのブログみたいになってる件w
  • G兄:>きょーちゃん
    元のチェーンカバーを流用するタイプなのか〜。
    >かとまい氏
    しばらくはずっとバイクのターン!
    あ、近日中に1つだけドール混じるわ。
    木崎湖で撮ってきたし。
TrackBack URL:[]
 2010/11/14
1000km点検
白川郷往復と忍者片道で丁度1,002kmになった(笑)ので1,000km点検。
店の中の人曰く「もう1,000km走ったんですか?(゚д゚;)」
どうやらペースが早かったらしい。
東京行きのためにこっちも必死だからね・・・w

リフトアップされるZZR1400。
下から簡単に覗けるのがうらやましい・・・。
PB145386.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/40sec F3.5 ISO-200, 露出補正:0EV PB145387.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/25sec F3.6 ISO-200, 露出補正:0EV

プシャー。
「み、みちゃらめぇぇぇぇ」ではございません。
PB145390.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/15sec F3.9 ISO-200, 露出補正:-0.7EV PB145392.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/15sec F4.7 ISO-200, 露出補正:0EV

よく見えないけど出てきたオイルはぬらぬら。
鉄粉出過ぎ。
PB145393.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/8sec F4.8 ISO-500, 露出補正:0EV

オイルフィルタは一気に外してしまうのではなく緩めてオイルが出てきたらそのままの状態でしばらく放置。
アンダーカウルを片方だけ剥がせるのは楽だね。
剥がさなくても交換できるけど剥がした方が良いのは間違いない。
PB145394.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/8sec F3.5 ISO-500, 露出補正:0EV

次は天候次第では木崎湖往復ツーリングで第二段階慣らしも完了。

一緒にリアフェンダー(ハガー)も着けてもらったけどこれはまた後日。
ちなみにブツはSPICE Tactical Rear Fender (FRP 黒)
これで安心して水たまりを踏める。
先日は白川郷に行くときの御母衣湖畔のトンネル通過時に壁から漏水してるところを通るのに一苦労。



それにしても今回は現場を見せてくれて有り難かった。
YSPだと「危険防止のため」ということでピットの中には入れてくれないので整備中の疑問点とか聞けない。
# ガラス越しで見られるけど細かいところまで見られない。
でも忍者の場合は店の人曰く
「うちはお客さんにあえて現場を見せてます。勉強になるでしょ?」
とのこと。
初めてこうして隣でうろうろ、質問しながら見せてもらったがめっさ勉強になった。(*´д`)
# バイク板で「ショップで教えてもらえ」というのをバイクを乗り始めて7年目にして要約実現。(笑)

一番の疑問だった
「フロントフォークのアクスルシャフトをバインドしている4本のボルトをどうやって人力で緩めるのか」
だが、柄の長いスピンナーハンドルで緩めるらしい。
# 機械でやるなら後ろのアクスルナットも含めてエアツール(インパクト)。
言われてみれば「あぁそういえば。」と思うが残念ながら自分の頭ではそれが出てこなかった・・・w

買うときと買った後の対応の違いってどうかな?と斜めに構えていたが全然そんなことはなく、むしろ整備中にうろうろしていても(スミマセン)文句1つ言わず、その最中に質問をぶつけまくっても(スミマセン2回目)文句1つ言わず丁寧に指導してくれたりと個人的には◎以上の評価。
今後もお世話になりたいなーと思ったものの、ちと距離があるのでオイル交換くらいはここに任せよう。
ドラスタのオイル会員もあるけどあっちと値段変わらないし工賃含めて今後の損得勘定してもショップに任せた方がいいわ。



オイル交換工賃比較。
今回は「自分でやる」「忍者に任す」「ドラスタでやる」の3通り。
Kawasaki R4 4Lを例に取ると
  • 「自分」だと6,590円 (5,790円+送料800円)で工賃は無し。
  • 「忍者」だと8,000円だが1L 2,000円の中に入っているので工賃は300円。
  • 「ドラスタ」だと7,700円で工賃はオイル会員になっているので実質無料。
値段的には 自分>ドラスタ>忍者 だが、「自分」と「忍者」を比べて3,000kmで1,410円しか違わないなら上の件もあるので忍者にやってもらったほうがいいな。

これがオイルフィルタが入ってくると1万円越えるんだがw
# オイルフィルタが純正で2,100円。たぶん工賃込み?



そういや忍者でのオイル交換、作業が丁寧だったなぁ。

ZZR400をドラスタでやってもらっていたときはアンダーカウル外さずにオイル交換されたもんだからアンダーカウル裏面がオイルでびしゃびしゃ。
一度学習したのでその後はアンダーカウル外して交換しにいったが・・・。
オイルの交換もフィルタ込みだと

ドレンから排出→おもむろにオイルフィルタ外してエキパイにオイルだばー→フィルタ付ける+ドレンボルトしめる→オイル注入→チェック

で完了。

忍者だと

左アンダーカウル外す→ドレンから排出→オイルフィルタをちょっと緩めてオイル排出→フィルタ付ける+ドレンボルト締める→念入りにオイル除去→オイル注入→チェック

ちゃんとアンダーカウル外してくれるしドレン周りのオイルもそのままにせず綺麗にしてくれる。
ちょっとした細かいところにまで気を遣ってくれるのは有り難い。



ZZR1400のオイル量。
メーカー指定値は通常3.7L、フィルタ交換時4.1L。
しかし実際にこれをやるとどうも下限(ロアレベル)ギリギリになるらしく(複数のblogでもヒットする)、店の勧めもあり多めに入れた。
するとなんということでしょう。

(レベルゲージの位置的に)丁度いい分量になった。(笑)

カワサキェ・・・。



カワサキェ繋がりネタ。

タンクの前に付いているタンクカバー(カウル)。
シガーソケットの配線を通すためにアレを一度外したのだが、組み付けてみるとどうもおかしい。
斜め後ろ、丁度ライディングポジションの位置でタンクカバーの隙間を見ると防振スポンジが見える。
確か外す前は見えていなかったはず。
しかも両サイドのチリが合っていない。
何度組み直しても合わないので店の人に聞いてみたところ、

「アレは一度外すとほぼ二度と合いませんよ。歪みます。
 酷いときはカウル1枚歪みますし。
 この状態だと優秀な方ですよ、えぇ。」

ホントか?と思って店の中に停まっていた客の物と思われるバイクを見てみた。
両サイドのチリはやっぱり合っていないが量的にはうちの子と同じくらい。
防振スポンジは左側だけコンニチハ!

か、カワサキェ・・・。


  • バイザー:ふうむ、最近は単なるブリザーパイプにもちっちゃな太鼓みたいなデバイスが付くのね。環境への対策ってところかしら。
    1000km走ったんだから、もう慣らし終了でよいのでは?とか思うのはオレがジジイな証拠なんだろうな、きっと。
    第二段階の後半では、時折(瞬間的でも)全開くれてやることをおすすめします。ある程度回していないと「回らないエンジン」になっちゃいますから。
  • G兄:ZZR400の時は排出系のパイプはそのままスルーだったんですが最近はキャッチタンクとかついてるみたいっすね。
    回しておけ、なんですが既にオイル交換後に6速で6,000rpm直前まで回しておりまして・・・。(笑)
    加速を感じてみたかったんですよっ!
    えぇ、心臓的にちょっと死にかけましたが。
  • きょーちゃん:記録ノートを見返すと、大須観音往復したり神戸に行ったり京都に行ったりで、近場をちょこちょこ走って1ヵ月&1000km点検してた(^^)
    ただ、12/23に購入して1/21に行ったので、この寒い中を、と店の人間には驚かれたがw
    その後は数百キロ走った程度で最高速実験してたみたい(爆
  • G兄:真冬真っ直中じゃねーか!w
  • G兄:あーそうそう、ZX-12Rは慣らし3,000kmですよ。
    しかもめっちゃ細かいらしい。
  • きょーちゃん:日記に書く予定だが、ドラスタはやめた方が良いかもね。
    俺の目の前で、タイヤ交換のために前輪を吊す器具を設置した時、器具に吊っていた金具の付いたワイヤーがタンクに「コーンっ」
    ・・・作業が終わった後も何も言ってこなかったよw
    帰って明るいところで念のため見てたら、エンブレムに傷があるような・・・ええ、馴染みの店員に即TELしてやんわり言っておきましたww
    まー、すでにあちこちキズが入っているので、塗装ハゲで地肌が見えてなければいいかと、タンク丸ごと交換までは請求しないでおきました(爆
  • G兄:>タンクに「コーン」
    ((((;゚Д゚))))
    何も言わないのがひでぇなぁ。
    場所によるんだろうけど寝屋川のドラスタは大丈夫だったお。
    ZZR400の頃はオイル交換で工賃全部コミコミで考えるとどっこいどっこいだったし、タイヤもドラスタが比較的安かったのでこの2つは頼んでた。
    タイヤ交換時のチェーンテンション調整は一度貼りすぎの時があったのでクレーム対応で少し緩めてもらったこともあったけど。
    他は全部YSPに任せてた。
  • きょーちゃん:まぁ、細かいところを言い出したらバイク屋(ディーラー?)もたまにヘマをしてくれるんだがw
    漏れはオイル交換は、南海部品とかでセールで安く手に入れたS9、G2、G3、オイルフィルターを工賃1000円でやってもらってるな(鬼
  • G兄:それ出来たら嬉しいんだけどあいにく持ち込み禁止でな・・・w
  • たわし@訓練生:・・・川崎は購入後、全バラシして組み直ししないと駄目だろうが(ぉ
    仮組みで来てるんだから(マテ
  • きょーちゃん:窓口とかに持ち込み禁止とかを書いてないから、スタッフに直で聞いてごり押し(鬼
    他所でされるよりは・・・てな感じで諦めて受けているかとw
    その代わり車検や保険等は店を通しているからね。
  • G兄:>再組み立て
    ということはカウル全部外すとチリが合う、と・・・。(笑)
    >書いてない
    忍者の場合は入口真正面に書いてあるんだわこれが・・・。
    ようは「持ち込み品は部品の保証できないからやりません。」ということみたい。
TrackBack URL:[]
冬グローブ新調
冬対策にグローブを買ってきた。

PB145396.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/20sec F3.5 ISO-400, 露出補正:0EV


GOLDWIN GSM16051でお値段9,000円ちょい。
上位のGSM16050というのが1.4万くらいであるんだがそっちは予算オーバーだしグローブの指が結構硬かったのでこちらに。

使い心地は思っていたほど操作性は悪くなかったが、中指・薬指・小指の3本指でクラッチを握る人は一応クラッチは切れるけど人差し指が太くなって切りきれないかもしれないので4本指で握りましょう。
っていうか冬用グローブは全部そうなるのかも。
指の動きはそう堅くもなく、不安になるほどの堅さではなかったのは安心した。

防寒性能については、先日白川郷の帰り、300kmくらい5時間を高速で帰ってきたが全く問題なし。
指の表が冷たくなってかじかむかな?と思ったが全くかじかむことはないどころか終止暖かかった。
この分だと真冬に走り続けても大丈夫そうだ。

  • バイザー:スウェットスーツの素材で作られた耐寒グローブがウチにありますが、その威力にびっくりしたのを覚えています。全くと言っていいほど寒くなかった。子供の頃は路面凍結で雪が降っていてもバイクに乗っていましたが、この年齢だと耐寒性能を上げないともう乗れません。
  • G兄:あ〜、有りますねスウェットスーツ生地の。
    あれ防水性能もとんでもないシロモノじゃなかったでしたっけ。
    確かシームレスで全く浸みてこない。
    握り心地が悪いと聞いていたので手を出しませんでしたが・・・。
  • バイザー:>握り心地
    確かに悪かったですねw慣れますけど。それより、着脱が結構大変だったような。
TrackBack URL:[]
 2010/11/08
洗車グッズ買い足し
先日から買おう買おうと思っていたプレクサスをやっと買ってきた。

PB095384.jpg : OLYMPUS E-P1, 14-42mm F/3.5-5.6, 1/13sec F4.1 ISO-400, 露出補正:0EV

ついでにダイソーでマイクロファイバーふきんを2枚とバイクカバーのスクラッチ傷防止用にバスタオルを1枚。

早速プレクサスでメットシールドの表面を拭いてみたが、どうやら撥水効果もあるようなので雨の日は幾分楽になるかな?
# 水滴的に。


最終:2010/11/09 02:23:04 カテゴリ:バイク全般
タグ:買物 ZZR1400
  • きょーちゃん:漏れは地道に、洗車後は半練りカルナバロウでワックス掛け。
  • G兄:ブリスとワックス、どっちも一長一短のようね。
    艶も質が違うみたいだし。
    ただ、ブリスだと汚れが落ちやすいので洗車るうずな自分はブリスの方が向いてるかもしれん。(笑)
TrackBack URL:[]
 2010/11/04
ブリスNEO購入
汚れが落ちやすくぴっかぴかになると噂(実際すげーぴっかぴかのようで)の「ブリスNEO」を購入。

PB044494.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/30sec F4.0 ISO-400, 露出補正:0EV

このブリスNEO、実はブリス公式Webサイトではなぜか売っていなのでセブンイレブンネットで購入。
それが今日届いたのだが、ZZR1400に施工する前になんかいいサンプルないかな〜と見回してみると目に止まりました。

マルチテック・シャーウォーターw

施工的には水で表面を湿らせてからブリスNEOを塗布、その後水拭き→から拭きと言った手順。

するとなんということでしょう!
なんか俺の顔が映り込んでね?
施工前の状況を忘れてしまったが明らかに艶が違う気が。
ついでとばかりにシールドの表にも施工。
これで虫の死骸が撮りやすくなると嬉しい。

ZZR1400に施工するときは状況を覚えておこう。

  - NO COMMENT -
TrackBack URL:[]
 2010/11/02
トレフェスに行ってきた
10月31日に神戸国際展示場でトレジャーフェスタがあり、そこにぴ〜ち☆パイの制作者が来るということで行ってきた。

人形微エロ写真注意。

PB014426.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/50sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV PA314413.jpg : OLYMPUS E-3, 25mm F/1.4, 1/30sec F2.0 ISO-100, 露出補正:0EV

Dy桃を買ってきたのだがDD桃よりやわらかい、かつ構造的に形を保てないため御覧のようにブラがないとなんともだらしないというか重力に負けているというか。(*´д`)ハァハァ

他にも「ぴ〜ち☆パイ for Dynamite ボディ」にていろいろ展示中。

他にも桃尻の原型と内部フレームも置いてあったので見てきたが、なんともかなり考えられたフレームで感心させられた。
ア○テト○オのフレームより出来がいいんじゃねーか?というくらい。
  • あぞっち:節子!それ微エロやない!
  • きょーちゃん:ルアーが、ルアーがwww
  • G兄:>節子!それ微エロやない!
    (゚д゚)
    >ルアーが、ルアーがwww
    実はこれボールペンなんですよ。
    意外と持ちやすかったw
  • バイザー:>なんともだらしないというか
    夕べ飲み屋のデカパイねーちゃんとその手の会話してきたばかりなので、なんかリアルに見えてしまったwwwその娘も柔らかくて仰向けになると・・・だってさ。
    >微エロ
    どこが・・・・モロエロでんがな。
  • G兄:大きいなりに大変か・・・。
    微エロってのはこの日記に限ってだよ!
    展示中の分については・・・ノーコメント。(ぉ
  • かとまい:だらしないオッパイ!!だらしないオッパイ!!
  • G兄:重力を感じるいいおっぱいなのだよ!
TrackBack URL:[]
0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23
QRコード
携帯サイト試験運用
https://griffonworks.net/nikki/cgi-bin/k.cgi
1行板

備忘録
  • 無し
物欲リスト
  • Canon EF85mm F1.2LII 中古
  • Canon EF50mm F1.2L USM 中古
  • F2以下のEFマウント24mm単焦点
  • SAMYANG 24mm F1.4 Aspherical IF
  • Leofoto LS-224C+LH-25
  • Leofoto LS-223C+LH-25
  • ニンバス チヌーク
ツーリング ドライブ兼野外撮影予定リスト